椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハープ

IMG_2535.jpg

昔のフォークシンガーというと、口元にホルダーにはさまれたハーモニカ。
フォークソングで使うハーモニカは、1本1本キーが決まっていて、曲によって使い分けます。
実際にはハーモニカと言わなくて、ハープと言います。

今、テレビに出ているフォーク系のアーティストでは、あんまり使われていませんね。
ギター1本だけでは、ソロも弾けませんし、曲全体のバリエーションを作る意味でも強い楽器です。

いつも椿のライブの時には、何人かの方がハープを使っていますが、なんと言っても、辻さんの長渕剛を髣髴とさせる激しいハープはかっこいいです。

このハープ。
日本製もありますが、やっぱりドイツのホーナーですね。
鳴りが良くて、きらびやかで、深い音がします。

そんなホーナーのハープの中古がカフェ椿で販売されています。
定価の半額くらいです。

楽器なんてできないよ。って方、こんなかわいい楽器を始めるのはいかがでしょう。
スポンサーサイト

| 新着商品レビュー | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

開花前夜

IMG_3289.jpg

もうすぐゴールデンウイークです。
このワクワクした気分がいいんですよね。
いざ、連休が始まったらアッという間に終わり。。。悲

そうそう、たとえばお料理だって、出てくるまでが一番ワクワク。。。
英語で言えば、looking forwoad to ~ つまり、前を見ているから楽しいし、期待もしちゃうってこと。

という長いフリでしたが、今椿館の庭はバラ開花寸前状態。
蕾が一杯です。
毎日、蕾が増えて、大きくなって、色がついてきて。。。。

そうそう、今度の土曜日は、定例椿歳時。
第一土曜日のオープンです。

市の広報には、バラのお庭のオープンガーデンと出したんですが、今年はちょっと寒かったせいで、たくさんの開花とまでは行きそうもありません。
それでも、ぼちぼち開きだすことは間違いないので、様子を見に来てくださいね。

そして、夜は、定例ライブです。
こちらも楽しいので是非遊びに来てくださいね。

この日は、スモークも販売します。

| 椿・SCENE | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

30センチのバラの花?

IMG_2437.jpg

いよいよバラの季節。
庭のバラもスタンバイ状態です。
ということで、椿館のROSE FAIRもまもなく開店。

今日の写真は、バラの形のケーキです。
ちょっと大きさがわかりづらいですが、なんと直径30センチの大のバラのケーキ

IMG_2447.jpg

いよいよ焼きあがって、ひっくり返すとこんな感じです。
生地がしっかり膨らんでいます。

IMG_2463.jpg

そして、ポン!と出すと。。。。
大きな大きなバラの花のケーキの出来上がり。

IMG_2443.jpg

椿館のローズフェアでは、こんなケーキとかも販売しています。
これさえあれば、お友達とかに自慢しまくりです。笑

| おいしいもの | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロクロとゲーム

IMG_3183.jpg

いつもお越しいただくお客様で、木工などいろいろなことをされている方から、ロクロで作ったお盆やソリティアゲームをいただきました。
お盆は、お店へ道具を持ってきて、色づけの実演をしていただきました。

IMG_3174.jpg

木工のロクロと言ってもピンとこない人もあるでしょうが、要は木を高速で回転させて、それに大きな彫刻刀のようなものを当てて、均一に削りだしていく電動旋盤です。
実は、椿館にも、木工旋盤と金工旋盤があるんです。

写真のゲームの板も、ほんとにシブくていい感じです。
何事も機能だけで作られる世の中ですが、機能以外に、そのもの自体に美しい質感があったりすると、ほんとに大切に思えます。

お盆もそうですが、飾らなくて、木のぬくもりがあって、それでも、ちゃんと実用品だということは、究極だと思います。

| 椿・SCENE | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こだわりのギター

IMG_2757.jpg

写真。
ドイツの誇る手工芸ギター
デューセンバーグのTV PLAYERです。
かっこいいでしょ。

ボディは、セミアコで、バイオリンのようなFホール。
グレッチなどの大きなセミアコと違って、レスポールくらいの抱えやすさ。
ハンバッキングとシングルコイルと両方を備えた音色の幅。
アームなどの金属のパーツひとつひとつがきちんと削りだしで作られていて、金属なのに温かみがあります。

日本では、椎名林檎が、このギターの市松柄のものを使っていたのが印象的でした。

セミアコやエレアコというと、なんとなくロックンロールとか、ロカビリーとか、そんなちょっと古いロックのイメージなんですが、このドイツの職人技ギターは、ヨーロッパの気品とドイツ人のこだわりを感じます。

美しい芸術品も、素晴らしい楽器もありますが、このギターは、両方を備えた現代的な楽器ですね。

| 音楽とライブ | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベリー

IMG_3313.jpg

実は椿館の庭の片隅にイチゴ畑を作っています。
普通のイチゴだけじゅなくて、○○ベリーと言われるものは、なんとなく魅力的。。。。

ブルーベリー、ブラックベリー、ワイルドベリー。。。
こーなるといろいろ揃えたくなってきますね。
そうそう、椿館の近くには、ナワシロイチゴがたくさんできる畑もあります。

今年、どれくらい収穫できるかはわかりませんが、イロイロ味比べが楽しみです。
ベリーミックスジャムというのも面白いかも。

ということで、脈絡もないですが、先日普通のスーパーで買ってきたイチゴジャムにしました。
あんまりキレイな色になったので、バチリ!

| おいしいもの | 21:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

贈り物

IMG_3279.jpg

雨上がりの朝。
こんな自然の芸術をみつけました。
彼女たちはどうしてこんなにきれいなデザインができるのでしょうか。

ぴったりではないとしても、ほぼ均等な幅で何角形かを作っています。
遺伝子の中に設計書があるんでしょうね。
それとも考えて歩幅で図っているのか。
自分が多角形の中で、今どこにいるのかが判るというのもとても難しいことですよね。

たとえば、人間が広いグランドでああして多角形の線が引けるかというと、やっぱり難しいと思います。

シャーロット贈り物」に出てくる彼女は文字も織り込みましたね。

■「何千年も前から、わたしたちクモは、ハエや虫を待ち伏せしてつかまえてきたの」
■■「随分ひどい性質が遺伝しているんだね」
■「そうね。でも、わたしにはどうしようもないのよ。世界で最初のクモが、どうして網を張るなんてことを思いついたのか解らないけど、とにかくそうやって生きていこうと考えたのね。とても賢かったと思うわ。それ以来、わたしたちクモはみんな、同じように生きていくことになってるの。よく考えれば、そう悪い生き方でもないのよ。」
■■「残酷だよ」
■「もしもわたしが虫を捕まえて食べないと、虫がどんどん増えて、この地球を壊し、全てを滅ぼしてしまうってこと、あなた知ってるかしら?」

クモを見ると「いのち」をあらためて感じます。
朝から美しい形と神秘と出会ったお話でした。

| 椿・SCENE | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだまだ椿

IMG_3258.jpg

椿って、冬と言うか、2月3月というイメージがありますよね。
昔、まだ寒い季節。学校帰りに通学路にたくさん咲いていた椿の花を取って、甘い蜜をチューチュー吸っていた思い出があります。

もう桜も終わって、まもなくバラの季節なんですが、実は椿は、どんどん種類を変えて咲いています。
だいたい例年5月下旬くらいまでは普通に咲きますね。

IMG_3271_20100416220052.jpg

椿だけではないですが、一概に、椿とか、バラとか、桜と言っても、開花の時期は種類によってみんな違います。
そんなズレがあるから、代わる代わる美しい花を見ることが出来ますね。

椿を言うと春を呼ぶイメージだったんですが、今では夏を呼ぶ椿という感じです。

| 椿・SCENE | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またまたドーナッツ

IMG_3302.jpg

毎日作っているわけではないのですが、ドーナッツのお話。
最近、20個とかまとめてのご注文をいただくようになったドーナッツ

カフェ椿ドーナッツは当然天然酵母生地です。
いわゆるミスドのドーナッツって、軽くて、甘いですけど、椿のドーナッツは、もっちもちで、一つ食べるだけでけっこうお腹が膨れます。

ミスドはミスドでお菓子っぼくて、おいしいのですが、椿のドーナッツは、きっと昔、家庭で作られたドーナッツに近いんでしょうね。

きっと、今の子どもたちは、ドーナッツと言うと、ファーストフードや菓子パン売り場の甘~いドーナッツしか思い浮かばないんでしょうけど、こうした手作りでピュアなドーナッツのことも知ってもらえたらうれしいですね。

| おいしいもの | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竹の子

IMG_3308.jpg


たけのこ。タケノコ。
いただいたのは、竹の子というよりも、タケノコのあかちゃん。

そんな掘りたての新鮮タケノコをいただきました。

この時期にいただけるタケノコは、当然ほとんど地下にある状態のものです。
きっと足の裏で感じて掘っていただいたものでしょうね。
あの感触って、とっても楽しいんです。
足を地面にズリズリしながら、そっと歩くと、足の裏が感じるんですよ。
あの感触は春の感触です。
まだ地表に出る前のタケノコは、とっても小さいわけで、とてもかわいいんです。

そっと折らないように堀出します。
調理方法はいろいろですが、
とっても柔らかくて、タケノコというよりも、芋類のような味ですね。
アルミホイールでつつんで、焚き火で焼いて、ちょっとだけ醤油をたらして食べたら最高なんですよ。

売ってるものを買ってくることはできるわけですが、やっぱり掘って、その場で調理。
これが最高の贅沢です。

のお刺身
普通の炒め
鰹節とシーチキンで煮た
ワカメと煮た
黄身と出汁で煮た
山椒と煮た筍

うれしい春になりました。

| おいしいもの | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りんごの唄

IMG_3128_20100412191553.jpg

りんごの花ほころび 川面(かわも)にかすみたち君なき里にも 春はしのびよりぬ ♪

なんて、詩的な歌詞なんでしょう。。。。
かっこいいですよね。
日本語が美しいと感じられる歌詞だと思います。
でも、この唄、日本で一番有名であろうロシア民謡「カチューシャ」
です。

もともとロシア語ですが、直訳をネットで調べたらこんなでした。
「リンゴとナシが花咲いていた、霧が川面を漂いだした、カチューシャは岸へと出かけていた、高くけわしい岸へと」
日本語の歌詞とぜんぜん違いますね。

こんなに翻訳の人のセンスを感じることは初めてでした。

椿館のリンゴの花は、ミニリンゴですが、今開き始めて、濃いピンクがとても綺麗です。

普段りんごと聞くと、日本のリンゴの木を思い出しますが、
外国の絵画やイラストなどには、大きな木に姫リンゴのような小さなリンゴが無数についている姿がよく描かれています。
椿館の姫リンゴは、そんなかわいいイメージです。

是非見に来てくださいね。

| 椿・SCENE | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゼンマイ仕掛け

IMG_2531.jpg

これはホントは動画でお見せしたいんです。
ゼンマイ仕掛けのオルゴールです。
曲はおなじみのモダンタイムス。

動きがなんとも哀愁があって、表情さえ変わっているような気がします。
言い換えれば、何か深い悲しみを抱えている気がします。

このブログには、キカイダーとかサイボーグとか、そんなアニメネタがちょくちょく登場しますが、かれらは機械の体のことで深く悩みを抱えます。

一方、ピノキオは、このゼンマイ仕掛けの人形と同じように、人が作った人形でした。

昔から世界中で、人形にも魂が宿っていると信じられてきました。
「いのちを吹き込む」という表現がありますね。

是非、この人形の動いている姿を見にきてください。
生きているって、信じられますから。

| 椿・SCENE | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/3 ライブレポート

IMG_2941.jpg

ちょうど桜満開の時期。
みなさんにお越しいただけるかちょっと不安だったんですが、
またまた盛り上がりライブでした。

今回、初参加の小川さんはビートルズ世代。
ウクレレでのサムシングはいい感じでした。
優しい響きはほっとしますよね。

IMG_3054.jpg

そして、女性の留学生も樋口さんのギターをバックに熱唱。
アメリカシカゴからお越しということですが、日本語も上手。
英語はホンマモン。(当たり前。。。)

IMG_3048.jpg

唄ったバングルスのエターナル・フレイムは名曲。
ラブソングにぴったりの声でした。

そして、ラストは、from足助の奥村さん。
曰く、この会場にいるみなさんはほとんどの方が知っている曲ということで、なんだろう。。。と思ったら、♪いつものように、幕が開き~。。。
そう、ちあきなおみの「喝采」
ギターで聴く喝采もなかなかいいもんですね。

そうそう、今回は辻さんも演歌調だったですね。
こんなライブハウスがあってもいいですよね。

そして、おまけは深夜まで続いた2次会の時間でデビューした大型新人姉妹ディオ。驚

IMG_3095.jpg

≫ Read More

| 音楽とライブ | 18:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キカイダー

IMG_2532.jpg

ギター好きにとって、ギターグッズは気になるところですが、これ、いいでしょ。
清涼飲料水のグッズの持ってるアコギはなかなかちゃんと作られています。

さてさて、もうひとつのギター持ちフィギュア。
これがすぐわかる人は、けっこうなオタクかけっこうな年齢。笑

白いギターと言えば、チェリッシュ。
赤いギターと言えば、石森章太郎のキカイダーです。

IMG_2533.jpg

キカイダーは、変身していない時はジロー。
人造人間です。

このブログによく登場している石森のサイボーグ009もそうですが、機械が抱える悲しみが根底にあります。
そして、ここでも、宮崎アニメにも似た「善と悪」という区別ができない部分がテーマとして登場します。

人造人間キカイダーは、良心回路というメカニックを持っています。
しかしこの良心回路が不完全なために、彼は、善と悪の狭間で苦悩します。

サイボーグ009も、人間の心と一部が機械の体を持つことで、普通に生きられない宿命を持った悲しみがテーマとされています。
こうしたテーマはいかにも、石森章太郎です。

機械と心。
機械と人。

機械の持つ孤独。
機械のパワーとその限界。

椿館で読むことができます。

| 椿・SCENE | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぼーず

3nitibouzu.jpg

3日坊主いかんよね~

| 未分類 | 18:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スパイスミックス中!

IMG_2902_20100404200936.jpg

カフェ椿カレーは、黒毛和牛スジ肉黒豆カレーです。
黒毛和牛のスジ肉は、肉屋さんにいつもあるものでもないので、某専門店で予約してまとめて買います。
赤身はもちろんですが、脂身がとてもおいしいんです。
高価な肉ですがやはりそれだけのことはありますね。

そして、カレー粉。
以前の載せましたが、カフェ椿では、神戸の香辛料専門店から、スパイスごとにグラム単位で注文して、こちらでブレンドしています。
だいたい20種類くらいのスパイスになります。
写真は、その途中の様子。

この作業。
香辛料の粉末が部屋に舞って、部屋がインドになります。笑

カフェ椿のスパイシーなカレー
そんなに辛くないです。
是非、お試しください。

| おいしいもの | 01:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラ好き

IMG_2458.jpg

椿館と言えば、バラ。。。???
春になって、椿館の庭のバラが一斉に伸び始めました。
そろそろ蕾も上がってきて、わくわくします。
花は、たぶん4月末には咲き始めて、6月すぎまで、楽しめると思います。

さてさて、バラと言えば、椿館の中にはバラグッズがいっぱい。
今回のご紹介は、バラの花ま形になる型で焼いたケーキ。

IMG_2463.jpg

写真では大きさは、わりづらいですが、大きい方は、直径が30センチ。
ど~んと大きいバラ型ケーキの出来上がり。
そして、小さい型でも、ケーキを焼いてみました。

IMG_2482.jpg

食べちゃえば一緒なんですが、やっぱりバラ好きとしては、うれしいですね。
ちなみにこの型。
ケーキじゃなくても、パンでも焼けるわけですが、でっかいプリンだって作れます。

子供さんたちのお誕生日会でのご利用があったら、ぴっくりでっかいバラプリンをご用意しますからね。

| おいしいもの | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

着物で写メ集合写真

IMG_2492.jpg

着物というと、特別な衣服ですね。
洋服と比較して、やはり普段から着物を着るということは、やっぱりなかなかできないし、日本の独自文化だから、と言っても、何か着なければいけない儀式でもないと機会はないですね。

さて、以前もコスプレ喫茶みたいな写真を載せました。。。。
今回もスゴイです。笑

写真は、3/25に開催した中高生向け企画「着物で写メして、英語でしゃべろ!」の様子。

先生は、着付けが丹羽和代さん。英語が間瀬三枝子さん。
参加したのは、新中学生と高校生などでした。

IMG_2502.jpg

最初は、着付けをしてもらって、写真撮影。
その後、着物のままで、楽しい英語レッスンでした。

中高学生の居場所になるというのはなかなかムツカシイことですが、こんな企画やライブなどを通じて、きっかけづくりができたらいいですね。

椿館と着物。
今年始まった新しい企画です。

つづく。

| 椿歳時記・EVENTS | 17:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

椿饅頭

IMG_1921_20100312200148.jpg

ちょっと前のお話ですが、3月の椿歳時の先、椿館の近くのつちやさん(饅頭やさん)で、オリジナル椿饅頭を作っていただきました。
こしあんで、ピンク色がとってもきれいでした。

やっぱり長年培ったプロの技。
あんまり甘くなくて、おいしかったですよ~♪

イデア!としては、デザインにこだわりあるんですが、饅頭のデザインってムツカシイですよね。

あずきなど素材のことを知り尽くしていて、それを調理してあんにする技術があって、それをカタチにする造形のセンスもあって、それをたくさん生産する技もある。

すごいことです。

そういう意味では、お菓子は総合芸術だと思いますね。

| おいしいもの | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

両先生


IMG_1779.jpg

またまたキモノネタです。
3/6の椿歳時の時の写真。

女性は、着付けの先生の丹羽和代さん。
さすが先生。
着慣れた感じと、洒落た着物

なんか彼女の着物を見ていると堅苦しくないんですよ。
いろいろお話していたら、彼女の着付けだと、苦しくなくて食事とかもラクだとか。
そうですよね。そうじゃないと普段着る気持ちになれませんよね。

3/25の春休み特別企画の時もそうだったんですが、彼女は、着付けを通じて、中高生と会話をして、そういう世代の力になりたい、相談相手になっていきたいというお気持ちから活動されています。
着付けをするということは、自動的に触れ合うことにもなりますし、その時間に話ができますね。

IMG_1803.jpg

さて、もうひとりの先生。
椿館で数学コーチングをやっている黒田さん。
この日は着物を着せてもらって、若旦那状態。
25日は、この和服で算数の授業をすることになっています。

着物
新鮮ですね。

| 椿歳時記・EVENTS | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。