椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月の椿歳時

IMG_4786.jpg

ちょっと春の気配ありますよね。
でも、急に寒かったり。。。

早いもので、また今年も椿の開花の季節です。
今週土曜日3/5は、毎月定例の椿歳時。
朝からオープンしていますから、
お茶におしゃべりに、遊びに来てくださいね。

もちろん夜はいつものライブ
レギュラーのみなさんも、初出演を狙っているあなたも是非参加してください。



椿館ライブの特徴は、何といっても、そのアットホームさ。
初めて来た人も、ずっといたようにつながれます。

夜のライブは7時からです。
できるだけ早い時間にきてくださいね。
もちろんお食事もあります。

IMG_4927.jpg

最近、大好評のピールも、いつもの天然酵母パンもありますからね。
スポンサーサイト

| ごあいさつとお知らせ | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テルミン

DSCN9184.jpg

テルミンって、知ってますか?
若杉さんって、知ってますか?
両方知っているという人は、とってもマニアック。笑

マニアックな若杉さんが持ってきたマニアックなテルミンのおもちゃです。
若杉さんについては、プライバシーのこともあるので、詳しくは書きませんが、(笑)

テルミンは、2つのアンテナから出る電波を手でさえぎったりすることで、ピーっという音のチューニングを変調するれっきとした楽器です。

まあ、詳しいことはウィキペしてもらうとして、私が知っている限りでは、イギリスのロックバンドのレッドツェッペリンのジミーペイジもライブで使ってました。

まあ、そんなマニアックな話は別にしても、若杉さんが持ってきたテルミンは、電池で動かす実験おもちゃって感じでとってもカワイイもの。

DSCN9185.jpg

手をかざさないとピーって音がしていて、これをさえぎるように手をかざすと音程が無段階に変えられます。
無段階ですから、バイオリンのようにフレットがない楽器と同じでなかなか安定したドレミ♪で演奏するのは、とっても難しいんです。

たとえばドからレに移行する時、その間のピッチも音が出るわけで、そういう意味では、胡弓のような経過音がとっても魅力です。シンセサイザーでは、こういうのをポルタメントっていうんですが、70年代に音楽界に登場し、いまではデジタルが当たり前になったシンセサイザーには、必ずポルタメントという機能はついていて、テルミンの音は、まだまだチープな電気音に近かった初期のアナログシンセを懐かしく思い出させます。

電子音が懐かしいっていうと、ヘンに聞こえるかもしれませんが、デジタルばかりになった社会で、こうした電子音というのはある意味アナログな世界で、逆にホッとしてしまいます。

今日は、すべてマニアックな話題でした。

| 音楽とライブ | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

数学コーチングスクール

DSCN9186.jpg

韓流スターではありません。。。。

椿館は、サロンのほかに、小さいですが、部屋をお貸ししています。
いろんな使い方をしていただいているんですが、何といってもその主と言えば平日の夜は、ほぼ毎日使っていただいている黒田コーチングスクール校長?の黒ちゃん先生。

スクールと言っても先生は一人で、完全少人数制の数学です。
彼がこのスクールを解説しようと場所を探していたところで、椿館のことを新聞で知ったということで、出会いとなりました。

街中には、有名進学があふれている中で、あえて椿館で、あえて算数と数学で開校されている黒田さんの
有名とどう違うかって、なかなか言葉で説明できないんですが、ぜんぜん違います。

であることには変わらないし、勉強を教えることには変わらないんですが、やっぱり彼のは、あったかいんですよ。
だから、子供達にも、お母さん達にも愛されるんでしょうね。
キンキラの街の進学塾を選ばずにこの塾を選ぶお母さんやお父さん達はなかなかだと思います。
やっぱり、ちゃんとわかる波長があるんだと思いますね。

さて、コーチングと言っても、ビシビシ厳しい部活のコーチとは違います。
コーチングについて詳しくは調べていただけばわかるでしょうが、塾のホームページを紹介しておきますね。
そうそう、新学期からのワクが学年によってはちょっとだけ空いてるそうです。
算数が苦手~っていうお子さんはお早めに。

さて、この椿館の部屋は、このほか、昼間のフランス語教室、ちょっとした楽器練習、サロン利用の楽屋などなどいろいろな使い方ができます。

一度覗いてみてね。
一度黒ちゃん先生と会ってみてね。

さてさて、黒ちゃん先生、コメントよろしく!


| お稽古・教室情報 | 00:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴマパン

DSCN9201.jpg

この真ん丸さが、いいですよね。
写真はゴマパンです。

カフェ椿天然酵母パンは、菓子パンって感じじゃなくて、シンプルで味わいのある生地のパン
もちろん食べ方に制限やルールがあるわけじゃないですが、個人的には、カブカブって食べるというよりも、パンにじっくり向き合ってたべる???みたいな。。。。

。。。いえいえ 汗、別に気楽に食べてもらえばいいんですけど。。。

さて、丸いで思い出しましたが、物にはカタチがあって、それにはちゃんと理由がある。っていうお話。
ふだん見ているものは、どうしてそのカタチをしているのか。と考えるコトってなかなかできないですよね。

先日聴いたお話。

どんぐりは、もともとの親木の根元では、日当たりが悪くて芽を出すことができません。
もちろん、発芽できたとしても、親木の近くでは、当然日当たりも悪いわけで、うまいこと親の木と離れて、発芽しないといけません。

そうです。
だからどんぐりはコロコロ転がって親木から離れるために、丸いんだそうです。

今度カフェ椿パンを食べる機会があったら、ちょっとだけパクつくのは我慢いただいて、パンをじっと見て、どうして丸いのか?とパンに訊いてみてくださいね。

| おいしいもの | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天然酵母パン紹介 ~ くるみフランス

DSCN9180.jpg

写真は、先月の椿歳時のときに焼いたくるみフランス。
写真では大きさがわからないですが、長さは30センチくらい。

くるみは、青森から届いたもの。
そのまま食べてもとっても甘くておいしいくるみをたっぷり練りこみました。

くるみの食感ももちろん大切ですが、何といってもこのくるみの味わいの深さと天然酵母生地との相性は抜群です。

スライスして、トマトソースとか、ちょっと大人のチーズとかをトッピングしても楽しめますね。
これに合う飲み物はなんだろう。。。

個人的には、ホットならカフェオレ、アイスならコーラですかね。

フランスパンというと、固いイメージだと思いますが、ほんとは硬いんじゃなくて、表面がパリッとしていても
中はふんわりなんですよ。

是非お試しください。

| おいしいもの | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピール写真の追加です。

DSCN9155.jpg

また、柑橘類か。。。と言われるくらいこの時期は柑橘類命です。
このブログをずっと見ていただいている方はご存知でしょうが、柑橘類は、カフェ椿の2月の風物詩。
その季節のものを、おいしくいただく清く正しい食いしん坊ということです。

IMG_5202.jpg
先日載せた柚子のチョコピールの調理途中の写真です。

カフェ椿では、いろいろな柑橘類ピールを作ります。
同じ柑橘類でも、それぞれに出来上がりの色も透明感も変わります。
そう、コトコトと煮込んでいる間にどんどん透明になってくるんですが、その変化が不思議な感じでいいんです。

IMG_5203.jpg

昨年のピールはこちらです。

ちなみに風物詩と書きましたが、3月はいよいよ椿のお花ですね。

| おいしいもの | 18:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

にんじん

DSCN9172.jpg

これもご近所の方からいただいた、新鮮にんじんです。
手づくりというのはヘンですが、いかにもスーパーでは買えないカワイイ形のにんじんです。

こんなカタチでもおいしいものはおいしんんですよね。
ちょうど昨夜NHKのドラマで、各務原市のオリジナルキムチを創り出す役所の女性のお話をやっていました。
各務原は、にんじんの生産地。
そのにんじんをキムチに入れて商品化したお話しだったんですが、一般家庭では、にんじんを入れた金魚飯というのがあるそうです。
要するににんじん炊き込みご飯というところですね。

たまたま知り合いがいて、あのあたりの土壌を知っているのですが、とにかく土が真っ黒で、コメ作りなどには合わないのですが、にんじんはとっても適していて、メチャクチャ甘かった記憶があります。

あちら方面に行かれたら、地元のスーパーで是非にんじんを買ってみてくださいね。

| おいしいもの | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チキンカレーセット

DSCN9190.jpg

毎月第一土曜日だけオープンしている椿カフェですが、この日はお食事も用意しています。
写真は、2月の歳時のお食事、チキンカレーセット。

チキンカレー、サラダ(この日の朝、ご近所のおじいさんにいただいたサラダ大根をスライスしたもの)、小鉢、天然酵母パン、コーヒー。

月に一日だけの椿館ですが、のんびりとおしゃべりに、読書に来てくださいね。

DSCN9169.jpg

| おいしいもの | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チョコフランス

DSCN9206.jpg

コアラみたいでしょ。。。。
先日の婦人会様のパン注文の時に作ったチョコフランスパンです。

バレンタインってことで、生地にチョコチップを混ぜてみました。
フランスパンと言ってもそれほど硬いわけではありません。

このパンの表面のパリパリって感じがいいんですよ。
表面のパリパリを破ると、中はしっとり。
このバランスが決め手です。

フランスパンって、けっこうチョコと味があうんですよ。
昔、チョコクリームとか、パンに塗ったりしませんでしたか?

フランスパンとココアの組み合わせもいいですね。。。
まだまだ寒いですが、こんなパリパリパンとあったかいココアなんてのも、想像するだけでシアワセです。

DSCN9205.jpg

余談ですが、個人的にはピーナッツクリームが大好きでして、いまどきのホイップピーナッツクリームも最高です。。。

| おいしいもの | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天然酵母パンのオーダー御礼

IMG_5205.jpg

先日、某婦人会さんのイベントでの販売用にと、天然酵母パンのご注文をいただきました。
この日は、レーズンパン、ごまパン、チョコフランス、そして、定番のいちじくパン

天然酵母パンを知らない人もやっぱり多いので、値段が高いパンに思われちゃうことも多いと思います。
かなり手間がかかってるわけでして。

とりあえず、ちょっとくらいは違いを説明して売っていただくために。。。

DSCN9202.jpg

まず、ドライイースト等で作ったパンとの違いを説明。

天然酵母パンは、保存状態によっても違いますが、焼きたての一日目はふわふわしてます。2日目からはそのまま食べるとぱさついた感じがしますが、3日経ったくらいがおいしいと言う人もいる。冷凍しておけば、一ヶ月は大丈夫!

・温めて食べること。これは含まれるでんぷんがやわらかくなって、焼きたてのように戻るからです。
 温め方は、カットしてトーストされることをお勧めしますが、蒸し饅頭が好きな人は、レンジに15秒ほどかけると、もっちもちになりますので、こちらもオススメです。
カフェ椿天然酵母パンに使用している小麦粉は95パーセント以上国産小麦粉です。
天然酵母のパンというものは、最近はよく見かけます。天然酵母自体は、ホシノとか・・市販されています。
 しかし、カフェ椿の天然酵母は、ここでおこした小麦の天然酵母です。


。。。そんな感じのことをお伝えしました。
ちょっとマニアックなので、うまく伝わったかはわかりませんが、まあおいしく食べていただければいいんですけどね。

IMG_5206.jpg

| おいしいもの | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

柑橘系とチョコ

IMG_5210.jpg

このブログには、季節行事のように、柑橘類ピールが登場します。

今年は、いただいたたくさんの無農薬の柚子の皮でチョコピールをたくさん作りました。

ん~。。。。さすがに柚子の皮だけあって、なかなかアダルトな味わいです。
。。って言うか、苦味がチョコの甘みと混じって、なかなか大人。。。。
これって、コーヒーとかとあいそうです。

IMG_5209.jpg

まだまだ取り寄せた柑橘類山積みなんで、ピールとかジャム工場になるんですが、果物の皮が、その姿を変えていくのはほんとに面白いし、特に不透明なオレンジ色が、透明にどんどん近づいていく過程は楽しいですね。

ということで、写真は椿チョコ工場製の大人のチョコ
もし、デパ地下で箱入りなら、めちゃ高いですよ。これ。

毎年恒例のピールチョコ
去年は、ハート型でしたが、今年はリーフ型です。

| おいしいもの | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コクるバレンタイン

DSCN9207.jpg

コクる。って、おじさんおばさんには、意味わからん~っ。ってこと言ってるのは私だけでしょうか?

コクるというのを感じで書くと、告る。
よーするに、告白ってことですね。

なんでこんな話書いてるかと言えば、告白と言えば、バレンタインだからです。
まあ、今までも恋人どうしの場合でも、バレンタインはあるし、必ずしもコクるイベントでもないんでしょうけど、まあ、何事にもきっかけやチャンスや言い訳が必要ということで、やっぱり女の子からコクるタイミングとしては、バレンタインは便利なものかもしれません。

IMG_5211.jpg

そーいう正統派なバレンタインはいいとしても、義理チョコの賛否って、ありますよね。
義理チョコなんて欲しくないしぃ~。って人も多いはず。
あーあれは、送る側の趣味と言うか、楽しみなんで、お返しがどーのとか考えないでもらっておけばいいかも。

昨今、タイガーマスク伊達直人ブームなんで、新聞には、義援チョコとかも登場していました。
ちなみに、このシーズンになるとカフェ椿のキッチンは、チョコ製品工場と化していて、数学塾に来てる子どもたちもチョコの甘い香りにつつまれて、さぞかしシアワセな勉強をしているものと。。。汗

この椿チョコ工場の景色を見ると思うんですが、チョコの材料とその装飾品の豊富な商品量です。
チョコの会社も儲かるんでしょうが、容器包装会社にとってもかき入れ時なんでしょうね。

何でも経済で考えちゃ、ロマンがないですが、やっぱり恵方巻きと言い、バレンタインといい、日本中商売上手なこと。。。

そーなるとみんなが喜ぶ風習を作れば、その業界は儲かるということですね。恵方巻きなんて、この辺りにはなかったなあ。

| おいしいもの | 19:19 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つながり方

DSCN9163.jpg

これって。。。。
ねずみの後姿?
なんともユーモラスな姿でしょ。

DSCN9164.jpg

そう、これは、サラダ用大根です。
先日、椿館の庭の落ち葉掃除をしていたら、近所の70オーバーのおじいさんがフラリと来て雑談。。。
まあ、そんなこともいいかと、いろいろお話していたら、ちょっとついてらっしゃい。。。と。
歩いてついていくと、畑から野菜を抜いてくれました。

新鮮野菜というのは、当然イキイキしているわけですが、当然ながら抜きたての大根は、やっぱりシャキシャキ感が違いますね。

DSCN9168.jpg

昨日は無縁社会のことを書きましたが、こうして近所の方とおしゃべりすることで、人と人はつながる事ができますね。

ライブでは、音楽でつながることもできます。
おいしいものでは、食いしん坊とつながることができます。
花で花好きの人とつながることができます。
カメラでは写真好きの人とつながることができます。

椿館は、そんな何でもないつながりをつくることで、たくさんの誰かとつながっていきたいと思います。


| おいしいもの | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無縁社会

昨夜、NHKスペシャル「無縁社会」を見ました。
無縁社会のテーマに対して、12000通のメッセージが届けられたというNHK。
どの場面もとても心に重く響くものでした。

番組中、女子高校生が面談をしていた学校の先生から、おめでとう!と言われ握手されました。
パチンコ屋に就職が内定したとの連絡の瞬間でした。

その女子高校生は、驚き、しばらく黙った後、涙声で「これで家族が支えられる」と話し、泣いていました。

その高卒の就職内定率は50%程度。
彼女にとって就職ができることがどれほど大事なことか。

この番組では、10代にも広がる無縁社会がひとつのテーマになっていました。
定時制の学校にいるときだけが、人や社会と関われる時間であり、唯一の居場所である彼ら。

番組の中では、
「自分が生きている意味が見つからない」
「会話ができることが、こんなに楽しいことだと知らなかった」
「ネットでの見知らぬ人との文字の会話だけが唯一の会話」
「自分は価値がない」
「社会とかかわりを持ちたい」
そんなたくさんの生の言葉がありました。

そんな中で、一人の40代の男性は、社会との関わりを持ちたいと、近所の掃除を始めて、そのうちに近くの小学生たちと会話を交わすようになり、男性は自宅でカブトムシの幼虫を育てて、学校にプレゼントをし始めて、やがて子供達から、似顔絵入りのお礼の手紙をもらうようになります。
男性は、こんなに嬉しいことはない。自分の役割や社会との関わりを持つことができたことに涙していました。

普通に生活している時に、人と社会、そして、人と人がつながることがそんなに難しいことと思えないのですが、ちょっとしたつまづきから周りに親しい人がいなくなり、孤立していき、やがて、想像もつかなかった孤独の中の自分に気づき、自分の価値さえわからなくなってしまうんですね。。
それはけっして他人事ではないと思います。

普通の状態なら何でもないことが、一旦社会との縁が切れると、転げ落ちるように孤独となる。
番組の中では、そんな人々を支えるNPOの活動が紹介されていました。

NPOである私たちは何かできないのか。
無縁社会は無援社会でもある。
無縁から有縁へ、無援から有援になるように。

| 社会とミッション | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2月の椿歳時ライブレポート

IMG_4953.jpg

定例第一土曜日の椿歳時ライブのレポートです。
夕方からぼちぼちといろいろな方にお越しいただき、のんびりとスタートしました。
いつものように、中一からオーバー60まで、幅広い年齢層のライブでした。

IMG_4948.jpg

毎回思うのですが、ほんとにそれぞれが個性があって、きっとそれは、みんなが同じ曲を演奏したとしても、きっと同じようにそれぞれに違った味わいがあるんでしょうね。

≫ Read More

| 音楽とライブ | 15:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きゃりま~きゃりまぁ~??

lady-gaga.jpg

きゃりまーきゃりまー、のひきゃりまーぽーかふぇ♪

この英語わかりますか。。。汗  笑
かっこいい曲だなぁ。と思いつつ、なんて唄ってるんだろうと思っていました。

auのスマートフォンのコマーシャルでご存知のLADY GAGAのヒット曲、ポーカーフェイスのサビの部分です。
あのCMのクレオパトラのような髪型は印象的ですよね。

最近、彼女のライブのDVDをゲットしました。
やっぱりすごいですね。。。。ド派手。。。

美人、スタイルバツグン、ブロンド、ファッション、歌唱力、ダンス、ピアノ、トーク・・・・
何から何まで完璧なステージ。
ライブは、ほとんどファッションショー状態でした。
天は二物を与えずといいますが、ほんとの天才は全部持ってる気がします。

ところで、そんな天才の話は別にして、いろいろなことができちゃう人って、たまにいますよね。
いろいろなことができるということは、いろいろなことが広く浅くできるということが多いです。

それは、一般の人よりも、いろいろできるという意味で、確かに一般人の中では、すごい人。
でも、プロからみたらやっぱり素人の毛が生えた程度のことですね。。

そーすると、何でも器用にできる=全部極めていない。ということになっちゃいますね。
器用貧乏なんて言うのも、こういう状態を言うのでしょうか。

なかなか凡人には、ひとつさえ極めることも難しいわけですが、それでも、何か一般の人より秀でたものがあって、それが生きる自信になったりすることもあるので、極められるかは別にしても、一つ光る技は欲しいものです。

だれもが、そんな技を持ち合わせていたら、その技を「まち」に持ち寄って、手を携えて何かをすれば、すごい専門家集団になったりすることもできますね。

芸は身を助ける。一芸に秀でる。

LADY GAGAみたいになることは、かなりムツカシイですけど、芸は、まちづくりに役立つことは間違いないと思います。

ところで、きゃりまーきゃりまー、のひきゃりまーぽーかふぇ♪の正解は、
cant read my, cant read my, No he cant read my poker face

彼は、私のポーカーフェイスを気づいてくれない。って感じでしょうか。

| 音楽とライブ | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

干し柿

DSCN9156.jpg

なぜかここ1ヶ月の間に、いろいろな干し柿を食べる機会に恵まれ???ました。
無類の干し柿好きとしては、この上ないシアワセです。
そもそも、ドライフルーツをよくパンに練りこんでます。その中にはここで作ったドライフルーツもあります。

ちなみに、カフェ椿で販売・通販している秘伝のシュトーレンには、魔法酒に漬け込んだいちじく、干し柿、くるみ、干しリンゴ、レーズン、マンゴー、アーモンド、ココナッツなど・・フルーツや木の実がどっさりと入っています。

いろいろスイーツは、何でもウェルカムですが、天然モノのスイーツは、何かしら身体に良いとか思えて(すっごい自分への言い訳。。。汗)、いいですよねっ♪ 生活が豊かに感じられるというか。。

さて、この干し柿。最初は渋いのに干すと甘くなるのはミラクルですね。
外が白いのは糖分の結晶だそうですが、柿の糖分は、砂糖の1.5倍だとか。。甘い柿と渋柿では、
渋柿を干したほうがそうでないものよりも甘いんです。
干からびたからこそ、重宝がられるのって、いいですよねぇ。。
歳をとるほどスイートになったねと言われたい。。。もんだ。。。ちゃんちゃん。

| おいしいもの | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パンとサーカス

ネットで選挙の記事を見ていたらパンとサーカスという言葉が。
いつもパンネタを書いているのでなんじゃ???と調べてみたら、先日の愛知県と名古屋市の村・村選挙の手法のお話。

*ウィキペディアによると、
パンとサーカス(ラテン語: panem et circenses)は、詩人ユウェナリスが古代ローマ社会の世相を揶揄して詩篇中で使用した表現。権力者から無償で与えられる「パン(=食糧)」と「サーカス(=娯楽)」によって、ローマ市民が政治的盲目に置かれていることを指摘した。パンと見世物ともいう。ガス抜きや愚民政策の例えとしてしばしば用いられている言葉である。

だそうです。

つまり、パンは、選挙民に対する「ごちそう」で、サーカスは、仮想敵国を位置づけて、そいつをやっつけて気持ち良くするという「娯楽」。
特にこのサーカスは、とっても日本人の好きな勧善懲悪ストーリーです。

ってことは、村・村コンビは、大岡越前と水戸黄門のセットってことかなぁ。。。これって、昔のコイズミ劇場とも、ちょっと似てますけど。
結果、たくさんの人が、勧善懲悪ヒーローに期待して投票→圧勝!そういうことなんでしょうか。

確かにニッポン人の私たちは、ステレオタイプがとっても多いので、悪者と決め付けると、そればっかり。。。ってことになり易くて、でもそれって、一歩間違うと、みんな同じ方向になっちゃいそうで心配です。
そんな意味で、どっちが正しいとか、対立とかじゃなくて、いろんな意見がいろいろあって、それが認め合える社会になったらと思います。
意見が違うことは、悪いことじゃないってことですよね!

ん???ぜんぜんパンの話じゃないじゃん。

| ごあいさつとお知らせ | 17:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謎のクレーター

DSCN9162.jpg

この写真を見て、すぐ何だかわかる人は、かなりマニアックな人です。
ちょっとクレーターみたいでしょ。

実はコレ天然酵母パンがビニール袋の中で発酵している様子です。
発酵したときに出るガスが気泡になってます。
この膨らみ方とあわせて、香りをかいだとき、発酵がうまくいってるかどうかがわかります。

たくさん発酵して、たくさん膨らめばおいしいかといえばそうでもありません。
そのあたりがツボなわけで、どれくらいがいいかと言えば・・・・。。。
やっぱり香りで判断ですね。


さて、カフェ椿の天然酵母は、小麦から起こした酵母。
これは中国で古くから老麺製法と多分同じもので、こねた新しい生地に、元の生地を何割か加えて、使ってまた加えて・・・というもので、だから古生地法とも言われます。
100年つないでいるおでんの味噌??のようなものですね。(ちょっと違う気もする。。。笑)

古生地をつないでいくことと、それをいい感じで発酵させていく繰り返しなんですが、古い生地の保管や、発酵させる温度と時間など、とっても手間と時間と根気がいる方法です。

市販のドライイーストや市販の天然酵母でやったら簡単なんでしょうが、やっぱり香りのいい老麺法にこだわって、味わい深い天然酵母パンを焼きたいと思います。







| おいしいもの | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

柑橘系

DSCN9155.jpg

この時期のネタは、やっばり柑橘系。
写真は柚子ですが、はっさく、三宝柑などなど、椿のキッチンは柑橘系だらけになる季節です。
柑橘系といえば、ジャム、そしてピールですね。

ちなみに柚子風呂の効果のことをテレビでやってました。
柚子成分のベールで湯冷めさせない効果があるんですね。

どうして昔の人はそんなことに気がついたんでしょうね。
昔の人は、体にいいことを体験的にたんさん知っていたんでしょう。

ところがそんな体験的な結果だとか原理とかと関係なく、脈々とそのカタチが引き継がれて、それが、習慣とか季節の風物詩で決まりごとになっていったんでしょう。

そうなってくると、科学と迷信が交じり合って、何が正しいか、何が効果があるのか、どれが実証されていることなのか、どれが伝統文化なのかもさっぱりわからなくなっちゃいますね。
それで、今度は、科学や技術が進んで、テレビなんかでは、それをいろいろ実験して立証したりしています。

どんなことでもそうですが、どうして生まれたのか、どうして存在する必要があるのか、どうして引き継がなければいけないのか。そういうことが見えなくなってしまいがちです。

組織があるから、事業をしないといけない。。。
(へたをすると組織を維持するために仕事をしなきゃいけないとか。。)
予算があるから、しなきゃいけない。。。
ルールがあるから、守らなきゃいけない。。。
人がいるから、仕事を作らなきゃいけない。。。

あるから必要じゃなくて、
必要だからある。

柚子は体を保温する。
だから、柚子風呂にする。

ただの伝統というだけじゃなくて
何でも理由を知ろうとすることは大切なことですね。

| おいしいもの | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。