椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プラモ

DSCF4818.jpg

ある日、
お客様「ガラスのショーケースは要りませんか?」
椿「はい、欲しいです!」
お客様「飛行機も一緒に差し上げます。」
椿「?? ・・・・。。置くとこないし。。。
でもちょっとうれしい。。。」

でも、椿と飛行機プラモデルはちょっと似合わないし
軍事行動の予定もないし、
かと言って、だれかが作ったものだし。。。

写真のプラモデル
飛行機だけで30機くらい。
全部並べたらいいんですが。。。

もし欲しいっ、っていう方
軍事関係者の方、
ありましたら
ご一報ください。

カフェ椿 9:00-17:00 月曜定休
0561-76-1542

DSCF4816.jpg
DSCF4815.jpg
DSCF4821.jpg
DSCF4820.jpg
DSCF4819.jpg
DSCF4817.jpg

スポンサーサイト

| 椿・SCENE | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魅惑のセットもの

DSCF4664.jpg

写真は江戸川乱歩の全7巻セット。
この箱?に7冊入っています。
かなり古いものだったはず。
こういうの魅力的ですよねぇ。。。
読む場合はもうちょっと大きい字がありがたいですが。。。

さて、魅力的なのはその渋さだけでなく
このセットというのが、なんともうれしいんです。
セットとなると欲しくなるってことありますよね。

最近、椿で知らぬ間に増殖しているのが
CDやDVDのBOXセット。

ちなみにアマゾンなんかでも、BOXセットが
別に紹介されてたりして、
特に最近は輸入版で70年代や80年代のアーティストの
の全盛期のアルバムのセットとかが、
え~、こんな安い値段で買えちゃうのぉ~て値段で
売られています。
(すでに持っているアルバムがあるとたいへん悔しい。。。)

その装丁というか、箱がちょっとかっこよかったりして、
購買意欲を刺激されっぱなし。。
揃えるってことがうれしいという心理でしょうか。

ちらっと見渡しても
ギルバートオサリバン紙ジャケセット
キングクリムゾンのオフィシャルブートレッグセット
フランソワーズアルディセット
サンダーバードTV全巻セット。。。
ジャズボーカルセット

バラバラな趣味だ。。。

みなさんも日々忙しいんでしょうが、
たまには、江戸川乱歩など呼んで
アランパーソンズを聴くとか(マニアックすぎ)
のんびりとセット三昧はいかがでしょう。

ちなみに、椿のランチもデザートセットあります。汗

| 音楽とライブ | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手羽先の椿?

teba.jpg

鶏肉料理って言えば、
から揚げ、鶏もも肉ローストとともに
ニッポン国民的人気料理といえば
手羽先

ちょっとしか食べるところがないのに人気!
とっても食べづらいのに人気!
肉がないワリに高いのに人気!
酒飲みにも、そーじゃない人にも人気!



手羽先の○○ちゃんとか、
いろいろお店がありますが、
椿の手羽先の味付けはゼッタイに
ヤツらには負けません。

スパイシーなタレがおいしい。
(このタレだけでご飯食べられます。笑)
めっちゃ手間をかけた揚げ方。
(もちろん1回揚げるだけではありません。)
ちゃんとおいしい高価な油を使用。
(やっぱ後味が大切!)
なんともジューシー!

さて、タレや製法ですけど。。。
言っちゃダメですよ~。。。

やっぱり内緒にしておこう。。。

この手羽先は、椿のランチや宴会にも
お出ししています。
※毎日あるわけではありません。

先日も、20名ほどの夜の貸切り宴会でも
お出ししたのですが、大好評いただきました。
宴会ご予約の方は、手羽指定もOKですよ~。。。

| おいしいもの | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

象牙の黒文字 

DSCF4668.jpg

象牙黒文字です。

黒文字。。。
なんか響きが怖い。。。汗
黒い文字ではありません。

黒文字って、茶道なんかで、
饅頭とか切って刺して食べるあの
ジャパニーズフォークですね。笑

そもそも黒文字というのは樹木の名前ですが、
茶道の世界では、それを象牙で作ったものが使われています。

象牙っていうとご禁制の品だからやばいじゃん。って
思う方もあるでしょうが、

ここで使われているのは、三味線のバチや
お琴の柱に使われている
正式に輸入された象牙の端財から
作られています。

象牙というと、ギターのサドルやブリッジピンにも
使われています。

象牙がどうしてすばらしい素材か?
これは加工してみるとすぐにわかります。

簡単に言えば、堅いのに柔軟性があることでしょう。
もちろん質感が良いこともありますね。

木は、細かく彫ったり削ったりすると
割れたり、裂けたりしますが、
象牙は、たいへん加工性が良く
粘りがあって割れづらいのです。

DSCF4667.jpg

音に関して言えば、
振動をしっかりと伝えること。に尽きます。
もちろん加工性も大切ですが。

堅いだけなら真鍮でもいいのですが、
それだとキンキンになるし、
プラスチックでは、やわらかくて弱い。

よく使われるのが、牛の骨や
水牛の角ですね。
その最高級品が象牙なんです。

ということで、
椿では手作りの象牙の黒文字販売中です。
象牙としてらめっちゃ破格値です。

1本1本形も違います。
マイ黒文字、いかがでしょうか?

ちなみに使えば使うほどピッカピカの
渋い色になっていきます。
これも魅力ですね。
DSCF4666.jpg

ちなみに端財がほしい方、自分で削ってみたい方、
材料をお分けできます。 
自分だけの印鑑もできますよ。

※ 黒文字のデザインオーダーもOKです。

| 新着商品レビュー | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現代農業

DSCF4660.jpg

現代農業の話なのか。。。。
ギターの話なのか。。。笑

わかりづらい写真。

さて、飲食と関わるということは
その食べ物(原材料)がどーやって生まれてくるか
ということにはとっても関心が沸くわけでして、
特に野菜とかお米、まして小麦と関わることで
やっばり農業というものそのものがとっても気になります。

農業は確かに業ではありますが、
実際に作っているという作業は
育てているという言葉になるわけですし
工場生産のような栽培だって、
やっぱり生き物を育んでいることに変わりはありませんね。

生きているものを育てて、
それを食材とすることは
作る側からしたら
手塩を掛けてに育てた子たちが
どんなお料理になるのかってことも
気になるところでしょう。

同じように使う側は、その子が
どんな場所で、
どんな環境で、
どんな世話を受けて、
どうやって育ってきたかは
気になります。

とは言え、見に行くわけにもいかないし、
ほんとならに自分で野菜くらい作りたいのですが、
そうもいかないし。

そーなると、こんな本を読んで
ちょっとでも今時の農業について
知っていたい。。。
パラパラ読みですけど。。。汗
けっこう面白いんです。

ちなみに農業の問題というのは、
生産農家の経済の問題でもありますが、
それは、消費者の安全の問題でもあります。

農業の未来のためにも、
やっぱり消費者がきちんと
向かい合わないといけないと
思いますね。

そんなことで、
ギターの話はまた今度。

| おいしいもの | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いただいた作品

DSCF4656.jpg

椿のお客様にはいろんなすごい方がおみえです。
写真は、N様作のミニギター。

一瞬、本物のギターかと思っちゃいますよね。

ちゃんと本物を採寸して作成されています。
弦もちゃんと太さも違うし、細かい所まできっちりと作ってあり、
びっくりです。

DSCF4658.jpg

ナント材料はお寿司の木の折だそうです。
フレットはホチキスの刃。
お店に飾ってありますから
是非見に来てくださいね。

DSCF4645.jpg

| 椿・SCENE | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シーン

DSCF4691.jpg
型ガラス

お店の雰囲気を作っていくために
椿館の中にはいろんなモノが置いてありますが、
大切なことはシーンづくりだと思います。

シーン scene とは、

映画・テレビなどの場面
劇・映画などの舞台や背景
景色,風景,光景
米国の政治・社会情勢
現場,場面,舞台
劇の幕

いろいろな意味はありますが、
椿で大切にしているのは
この全部です。

椿のシーンとは、
カフェとしてのセットや背景であり、
もちろんほっとできる景色であり、
お客さんが主人公の映画のシーンであり、
人が出会うことで起きる出来事

お客さんが写真に撮りたいと思うような景色も
大切。

お客さんが椿に浸っていただくことも大切。

型ガラスのはまっている店の入り口の
引き戸はとっても大切な大道具です。

古いものを購入して大工さんにはめてもらいました。

昭和の時代ならどこの家にでもあった型ガラス。
今ではなかなか手に入らないですね。
光の屈折が面白くて、つい写真を撮りたくなります。

そんな椿も意識してお楽しみくださいね。


DSCF4688.jpg


椿館のフェイスブックのトップ写真が
評判いいです。見てね。

| 椿・SCENE | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ある日のランチ

DSCF4730.jpg

お店の外にランチの写真をはるために
ある日のランチ撮影。

なかなか上手く撮れません。。。
ちゃんと撮影機材を出せばいいんですけどね。。。
実は椿には、ごっつい撮影機材がようさんあります。(西門風)

とりあえず、コンデジでパチッ。

カメラマンの方は、だいたい言います。
「写真は逆光だ。」

そーなんですよねぇ。
逆光で、光をどう被写体に映すか。
これですよねぇ。

カフェの中で写真を撮ると
照明が全部、電球色のLEDなので
みんなオレンジ色っぽくなってしまいます。
やっぱり自然光がきれいですね。

DSCF4732.jpg

べたっ~っていう写真にならないようにするためには
暗いところ、明るいところ、
光っている(反射している)ところ、
のメリハリがないといかんですね。

以前に、そこが知りたい板東リサーチの撮影が
椿であって、カメラマンが食べ物の撮影をしに来ましたが
ほんの少しのカットを撮るために、
ごっつい機材をセットして、時間もかけて
撮ってくれました。

そーなんですよね。。。
そのくらいしないと。。。

DSCF4727.jpg

と思いつつ、やっつけ仕事の写真ですみませんが
ランチはこんな感じです。
本物はもっともっともっと美味しそうですし、
ほんとに美味しいですから是非お試しください♪

DSCF4726.jpg

| おいしいもの | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オーディオ好き

DSCF4736.jpg

椿にはやたらとスピーカーがあります。
そうですオーディオ好きです。
そして、オーディオ好きなお客さんもたくさんいます。
(だいたいが男。笑。。なんでか。。。)

普段使っているのは、古いJBLの4312。
定番ですね。
3ウェイ、ウーハーは30cm。
ジャズにもロックにもいけます。

一方、今時の若者は、普段はスマホからイヤホンということが多いだろうし、
家で聴くとしても、昔のラジカセ(これも死語だ。。。汗)がわりの
アイパッドをつなぐスピーカーセットとか、パソコンのスピーカーとか、
せいぜいミニコンポなんでしょうね。

しっかし、音楽制作サイドから見ると、そうした環境で聴かれるのは
寂しいと思います。。。。

こんなことを書くと思い出すのが
1976年に「幻想飛行」をリリースした
アメリカのロックバンドBOSTONの
アルバム・ジャケットに記載された
No Synthesizers Used.No Computers Usedの文字。
つまりシンセサイザーもコンピュータも使用していなくって、
全部本物ってこと。

また、BOSTONの音楽をほとんど一人で全部つくっちゃった
マサチューセッツ工科大学卒のトム・シュルツは、
ファンに対して「このアルバムは、
大音量で聴いて欲しい。」と言ったとか。
それだけたくさんの音が詰め込まれたアルバムなんですね。

もちろん音楽は小さい音で聴くこともあるし、
音量が小さいと音楽としてダメってことじゃありません。
しっかし、やっぱり、良いオーディオで、それなりの音量で聴いた場合は、
その音源の持っているすばらしいところをたくさん引き出せることは
間違いないですね。

これまで何度も聴いてきたCDも、良いオーディオで聴くと
知らなかったメロディーや楽器の存在に気がつきます。

たとえば弦楽器なら、弦のこすれる音。
ボーカルなら息づきの音。
使い捨ての音楽じゃない音ですね。

もちろん良い録音があっての話ですが。
最近、椿に入れたB&Wの小型スピーカー685はすごいです。
アン・バートンがそこにいるみたいです。

オーディオ専門店の店員さんの言葉。
「良いスピーカーは、歌い手の口元が見える。」

オーディオ好きにはたまらない贅沢な話です。
(今回はマジなネタだったな。。。)

そんなことで、オーディオ好きなおじさま方は。
土日にのんびりお越しください。

ここでコマーシャル。
椿では、置けなくなった
ビンテージなスピーカーをお安くお分けします。
YAMAHA 1000M(名器センモニ)、ダイヤトーンDS-2000ほか
詳しくは
http://visidea.blog51.fc2.com/blog-entry-1329.html

| 音楽とライブ | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月のライブフォト

3月のライブフォトです。
楽しかったですね。

DSCF4648.jpg DSCF4638.jpg DSCF4634.jpg DSCF4631.jpg DSCF4608.jpg DSCF4606.jpg DSCF4601.jpg DSCF4600.jpg DSCF4594.jpg DSCF4592.jpg DSCF4632.jpg
DSCF4598.jpg
DSCF4597.jpg 

| 音楽とライブ | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人参自然アート

自然ってものは、ほんとにすごいですね。
いくら優れた芸術家でも、自然の造形には
絶対にかないませんね。

そこで、今日は人参アート展。笑
楽しいですよね。

これは「E.T」笑

DSCF4671.jpg

こっちのタイトルは「あいこ」

DSCF4670.jpg

これは「セクシーな怪獣のシッポ」

DSCF4669.jpg

これは「ファイト オー!」 

DSCF4672.jpg

これは、椿自家製人参糠漬。
おいしいです。

ningin.jpg

| おいしいもの | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

椿の天然酵母ドーナッツ

dounets.jpg

ドーナッツといえば、ミス○と思いますが、
椿にもドーナツはあります!
椿の天然酵母生地ドーナッツはスゴイです。

たまには手前味噌で自慢します。(しょっちゅう手前味噌だがや。。。)
先日フェイスブックで身に余るお褒めのコメントをいただいたMさま、この場をお借りして心よりお礼申し上げます。

ドーナッツってミ○ドのは、キレイな「わっか」ですけど、
そもそもドーナッツは長い生地をくるん♪とつないで、わっかにするんで
きれいな丸でもないし、つなぎ目ははっきりしています。

この圧倒的な手作り感、ふわふわもちもち感、どっしり感、
そして、何よりめっちゃおいしい!

甘いとか辛いとかの味というよりも、
味の深みや奥深さ、生地のおいしさ、小麦粉のおいしさです。
シンプルなものこそ、真価が問われますね。

パン好きの方、ドーナツマニアの方、(そんな人はいないか。。)
絶対お試しください。

※毎日あるわけではないので、出会い頭となります。

| おいしいもの | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こんにゃくなんにょ

DSCF4552.jpg

こんにゃくなんにょ

婚約男女ではありません。笑

男女問わずこんにゃくは好きという意味です。
(ちょ、ちょっと話の持っていきかたが強引じゃないか。。。汗)

椿の天然酵母パンの定番は、
にっしんセレクトにも選ばれた「ラム酒レーズンパン
たまに訊かれるんですが、
ラム酒と言っても、焼きあがったパンにはアルコールはありません。
くれぐれも。。。

さてさて最近の椿のヒット作といえば、
こんにゃくパンとドーナッツ!
今日はその「こんにゃくパン」のお話です。

お客様

「先日お客様が、パンの中にこんにゃく
入っているんですか?」

店主

「いえいえこんにゃく粉を天然酵母生地に練りこんでいるんです。」

お客様

「そーですよね~。。。パンの中からこんにゃくが出てきたら
ちょっと。。。ですもんねぇ。。。」

店主

「・・・笑」

ということで、パンを割ってもこんにゃくはベロンって出てきません。笑
(~っ~か、出てきたらキモイ。笑)

DSCF4553.jpg

じゃ、どんなパンかといえば、
こんにゃく粉を練りこんだ天然酵母パンです。

一言で言って「モチッモチ」なんです!
シンプルなのにモチモチ。
米粉を入れたパンもモチモチになりますが、
そのモチモチとはまた違ったモチモチ感。
天然酵母パンの味わいも深くなります。

モチモチモチモチとくどい。笑

なかなか味を表現するのは難しいモノ。
是非、こんにゃくパンお試しください。

ちなみに、椿では、こんにゃく粉も販売しています。
これは、こんにゃくを作らなくても、いろいろ使えます。
ご家庭でこんにゃくゼリーを作るなんて楽しいですよ~。

で、なんで「こんにゃくなんにょ」なんだって、
性別を問わずこんにゃくは好きという意味です。
(また、強引すぎるだろ~。。。汗)

| おいしいもの | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パン夜話2014 第5話 ~  ~グルテン誕生否秘話

DSCF4375150.jpg

小麦粉の中には、グルテンが最初からいるわけじゃありません。
小麦粉の中にはたんぱく質がだいたい5~16%くらいあって、
その中の8割方が、グリアジンとグルテニン。

この2つの子たちに、水を加えるとまるでバロム1か、ウルトラマンなんやらのように合体してグルテンくんが登場!します。(また歳バレネタ。。。)

何がすごいかというと、この2人
(擬人化表現をしています。汗)が
それぞれの技があって、これが合体することでパンが成り立っているっていうことです。

まず、グリアジン君は粘り強い私のような性格。笑
一方グルテニン君は、弾力性バツグンだけど、伸びが悪い性格。
この二人が合体すると、ナント粘着&のびのびなスーパーヒーローのグルテンマンになるわけです。

すごいですよねぇ~。
料理は科学ですね。

そして、そのグルテン君は、よ~くこねられると
炭酸ガスの部屋をしっかりと育む家となって、
焼いたときには、部屋を支えるでんぷん構造体
そのものになります。

もうおわかりでしょうが、
パンづくりの大切なひとつの要素がグルテンのチカラと性格にあるということ。
もっと言えば、小麦粉によって、合体するグリアジンとグルテニンの
量やバランスが違うわけです。
ということは、どこのどんな小麦粉を使うかで、パンの出来は大きく変わってくるということですね。

こうして考えると、料理は科学でもありますが、
パンづくりは、劇的というか、ドラマチックなシネマのようですね。

それでは、今夜は、さいならサイナラさいなら。
(若者はこれを知らない。。。汗)

| おいしいもの | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

押し花書道教室 参加者募集♪

etegami.jpg

押し花書道教室 参加者募集♪

一度の講座で作品完成!
あなたも気軽にアーティストに!

字の上手下手はまったく関係ありません。
個性を生かした額づくり。

きっと楽しくてはまりますよ。

※ 作品は持ち帰れます。

3月21日 (金・祝)
10:30〜12:30 椿館 A室
受講料 2時間 3000円
持物: 筆ペン(無ければ525円で購入可)
   ・フレーム代100円・押花代100円

| 椿歳時記・EVENTS | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

趣味の園芸にも出演の伊藤章太郎氏の講座 in 椿館

ito.jpg

なんとなんと! 椿館で!
NHK 趣味の園芸にも出演の伊藤章太郎氏の講座です♪

園芸・ガーデニングがお好きな方、
少人数での講座はまたとないチャンス!
春からのガーデニングのコツをたくさん聴きましょう♪

是非お早めにお申し込みください。

椿館 電話 0561-76-1542 まで

「古い土を復活させる!」

3月21日(金・祝) 14:00〜16:00
場所: 椿館 A室
定員: 8名 (先着順)
受講料: 2000円 (1ドリンク付き)

※ 写真は趣味の園芸2014年1月号です。

| ごあいさつとお知らせ | 10:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

め以子の名言

先日フェイスブックにも書きましたが、
朝ドラごちそうさんめ以子の名言。

「笑われても、怖あても、恥ずかしゅうても、
おかしい思たら言わなあかん。
言わなあかんことは言わなあかん。

これは無力な大人の責任や。
偉い人は、それを言わさなあかん。
山のように言わせて、聞く耳持たなあかん。」

戦争でこどもを失って、自問自答の中で出た言葉。
理屈や理論や哲学や学問でなく、
生の人間から生まれる言葉ですね。

もちろんドラマの中のセリフですが、
これを書いた森下佳子は素晴らしいと思います。
森下さんは、「世界の中心で愛を叫ぶ」や「JIN-仁」の脚本を手がけていますね。

この秀逸な主人公のセリフが、
朝ドラという時間の中で放送されたことは
少なくともこの瞬間、朝ドラが社会的な意味を持っていたと
思いました。

「無力」とは、
文字通りチカラが無い、
チカラが発揮できない、
チカラを発揮しても成果が出ない、
そんないろいろな意味があると思います。

生きていればそうした無力を感じることもたくさんありますが、
たとえ無力でも、しなきゃいけないことがある。
っていう言葉は様々な立場にある人を力づけたと思います。

時代に翻弄された主人公の生き方や言葉は
今の時代にも十分当てはまりますね。
あとは、偉い人という類の人が
どう感じるかですけど。




| 椿・SCENE | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パン夜話2014 第4話 ~驚き!華麗なる復活

8.jpg

続きです。

満腹になったところからです。笑
腹八分目と言いますし、
食べすぎは良くないし、
ウエストもつらいし。。。号泣。

天然酵母パンは、質量が多いので
少しに見えても、けっこうお腹は一杯になります。

そうわかっていても、ついたくさん焼いてしまうのが
人間のサガ。

満腹になると、人間勝手なもので
残ったパンには見向きもせず放置。
数時間後には、放置されたパン
カチカチ。
カチンコチン。

それをポイ!
(身に覚えある人は挙手。。。)

ところがどっこい。
なんでどっこいなんだ。
でも、どっこい。

椿の天然酵母パンは、
そのカチカチ・カチンコチンのまま、
次は、トースターじゃなくって、
電子レンジに10秒入れたら。。。
(入れるだけじゃなくてスタートボタンは押してください。)

あら不思議!
ふわふわに戻ります。
復活します。
驚きです。
びっくりです。
マジックです。

電子レンジ室内を覗いていて
湯気がちょっと出たくらいがベスト。

是非是非お試しください。
(そもそも食べられる量を焼きましょうね。笑)

| おいしいもの | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パン夜話2014 第3話 ~食べ方初級編



いつの間にかシリーズ化した・・笑
天然酵母パンのおいしい食べ方の続きです。

まずはいつものように、
焼いて3日くらいの熟成した
椿の天然酵母パンをカットして、
定番のオーブントースター
(どこの家にでもあるヤツ)で3分。

3分間まつのじゃぞ。っていうヤツ。
なんだったけな。笑

。。。。

そして、ここからが大切。

そのままトビラを開けずに
余熱で芯まで温めて2分。

2分間まつのじゃぞ。
だいごろう???
ひとひとぴっちゃんですな。。。(歳バレねた禁。)
ちゃん。ですな。。(もういい。)

みなさん、ここまではマスターしてくださいね。

これで外側はコンガリ(焼きすぎない。)
中までじんわり温まってもっちりふわふわ。
本当の味を引き出せました。

DSCF4489.jpg

そのままでも、マーガリンやバター
椿の自家製マーマレード(さりげない宣伝。。)
をつける。最高です。

そして、満腹。笑

椿のパンは、市販のパンと同じサイズでも
たぶん質量では、何倍もです。
イーストのパンに比べたら
膨らむ比率が低いからです。

食べすぎ、焼きすぎに注意。。。

次回、いよいよ驚愕の実験結果が。。。

| おいしいもの | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パン夜話2014 第2話 ~マジック




椿の天然酵母パンは、
原則、焼いて食べるパンです。
厳密に言えば、温めて食べるのが
絶対条件です。

まれに、固くてダメにした。とか
ワシ(年齢は推測ください。)には
固すぎて食べられん。。。とか。笑

そー言われる方がいます。
これは完全に食べ方の間違いで、
スーパーのハンバーグを買って来て
温めずにそのまま食卓に
「さ~お食べ」と出すよ~なもんです。

ですから基本的には
焼き立て以外は、
必ず温めて食べてください。

じゃどーしてか。って言うと
冷えて固くなったでんぷんが
まだ水分をしっかりと保持していて
そこに熱が加わることで
魔法のようにふんわりと焼き立てに近い状態に
戻るからなんです。

グルテンは、小麦粉に含まれるたんぱく質が
水と結合して生まれます。

ここからが、椿の天然酵母パン
マジックの始まり始まり。♪

つづく。。。

朝ドラも、いいところで
次回につづく。笑

| おいしいもの | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。