椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おかひじき

10478544_509643842470385_6469744633474539729_n.jpg

んー。。確かに海草だよなぁ。。。どー見ても。。。
おかひじき

そもそも海岸の砂浜とかに生えているものらしいですね。
もちろん売っているのは自然のものじゃなくって、栽培されたものですけど。
ひじきが海から陸に上がったのかな。。とか思うと、生物が海から生まれた上陸したみたいに、ちょっとロマンあるかも。

県によっては準絶滅危惧種。山形県の伝統野菜。
ゆでて温サラダでいただきます。
おひたしでもいいです。

このシャキシャキ感もいいですが、何より色がきれいですね。
栄養価としては、カリウム・カルシウム・ベータカロチンも豊富なので、体にも良さそうです。

とりあえず、湯がいて、サラダですね。

椿のランチ。
日々進化中。汗

追伸
いよいよ明日、とくとく商品券発売です。
市民会館でゲットしてください。
ありったけです。1億円分です。お得です。
スポンサーサイト

| おいしいもの | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いよいよ!ニッシーとくとく商品券発売間近!

とくとくチラシ表

いよいよ!日進市20周年記念のニッシーとくとく商品券
7/1 日進市市民会館で発売開始です。!
(10:00-20:00) 残りがあれば翌日からは商工会で購入できます。

知らない人のために、簡単に宣伝すると
1万円で、500円*22枚の商品券が買えるという、超オトクな話です。
消費税が上がったり、ガソリンガム高くなったりと、いろいろ厳しい世の中ですが、いまどきこんなオトクなことはそーそーないですよね。
よーするに、10000円で11000円分のお買いものができるということで、5万円まで買えるそうですから、なんと5000円もプレゼントがされるというお話なんです。

日進市内・在勤・在学もOKということなので、学生さんたちにもとってもオススメ。
詳しくは、日進市のウェブサイトで。
http://www.city.nisshin.lg.jp/event/1947/014429.html

お知り合いに、教えてあげてください。買わなきゃ損なんで。

とくとくチラシ裏

この新聞折込みチラシをデザインさせていただきました。

| デザイン & NPO SUPPORT | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月のライブフォト

今夜28日は、あのバンブーストーン+さんのライブでした!
満席のお客様にも楽しんでいただけたものと思います。
詳しいレポートはまたとして、バンブーのみなさん、そして、お客様方、ありがとうございました。
椿館7周年記念にぴったりのあったかいライブでした。感謝

さてさて、今頃かぁ。。。と言われるかも知れませんが。。。汗
遅くなりましたが、6日の第一土曜日のライブの写真です。
7月のライブは、5日ですよー。
みなさん待ってます!

DSCF5263.jpg
DSCF5270.jpg
DSCF5261.jpg
DSCF5260.jpg
DSCF5258.jpg
DSCF5256.jpg
DSCF5253.jpg
DSCF5251.jpg

| 音楽とライブ | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タルト

10464369_509874029114033_8239373282016956020_n.jpg

椿のショーケースには、だいたいケーキが入っています。
もちろん自家製のケーキです。

定番は、ふわふわのシフォンケーキ。
きめ細かい泡立て、味わい。
とっても評判いいので是非お試しください。

さて、この日の写真は、タルト
タルトは、毎日あるわけじゃないですが、お店にお越しになったらショーケースの中を覗いてみてくださいね。
あったらラッキー。笑
その場合、フルーツ添えのケーキセットはとってもオススメです!

さて、写真のタルトは、アプリコットのタルトと、ダークチェリーのタルト
両方ともジューシーでおいしい自家製スイーツです。写真のようにフルーツたっぷりのタルトです。

シフォンケーキも生フルーツタルトも、お誕生日会やパーティー、ご家庭用として、お得な、ホールでのご予約も承っています。
パーティーテーブルが、とってもゴージャスになること請け合いです!

その他、ホールケーキのご注文もどうぞ。

10426744_509684999132936_6334751755088468137_n.jpg
10341421_508678762566893_1250335766939093252_n_2014061618105695d.jpg
10388198_508682869233149_417001083173777291_n.jpg

| おいしいもの | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ある日のランチ。。。

10449940_510265619074874_7677035326111234998_n.jpg

椿では、毎日天然酵母パンのランチがあります。
パンランチには、数種類のパンととともに、サラダ、スープ、おかずプレート、小鉢がついています。

おかずプレートは、いろんなおかずが5種類くらい。
ひとつひとつ、違った味になるようにして、丁寧に作ったおかずです。

パンはそのまま食べてもいいし、スープと一緒にパンをお召し上がりいただいても良いのですが、このおかずをパンにトッピングして楽しんでいただけます。

シンプルであじわい深い天然酵母パンといろんな個性のおかずの組み合わせは、楽しくておいしいですよ。
お越しをお待ちしています。

10425501_510259249075511_7424597747643267224_n.jpg
10313152_510265872408182_4028916396361887667_n.jpg
10178130_506135189487917_2776996426762826393_n.jpg
10462765_510259362408833_8417787385570247222_n.jpg

| おいしいもの | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

文化センター的椿

10458665_508873019214134_8440708960216324519_n.jpg

椿館にはカフェ椿があって、その経営の主体は、デザイン事務所でもあるイデア!。
以前も書きましたが、イデア!は、内閣府の雇用創出の事業の助成を得て、法人化(株式会社)した会社です。

普段はカフェ椿としての食いしん坊ネタが多いのですが、そればっかりが椿館じゃなくって、ほかにもいろいろな機能・ミッションを持っています。(持っているつもり。。。汗)

たとえば、個室は、黒ちゃん主催(正確に言うとLacLo主催)の大人気の算数・数学教室である「数学コーチングスクール」は、ただお部屋を貸しているだけでなくって、やっぱり子どもたちの未来に関わるという意味での共感があるからで、ほかにも、ライブがあったり、書の額づくりとか、文化活動系などにも使っていただいています。

そういう意味では、椿館は文化施設だっ。と声をちょっとだけ大きくして言いたい。(何でちょっとだけなんだ。。汗)

もちろんいろいろな人か集まって人と人が繋がることもうれしいし、そんな機会を作っているつもりです。これはコミュニケーションセンター。つまりコミセンですね。

またデザインや企画を通じて、NPO支援センターのようなこともしています。

もちろんランチやカキ氷がおいしいことは当然なわけで、それ以外でもマルチな切り口を持ってやっていきたいと思っています。

民設の公共施設っていうとおかしいかも知れませんが、やはり社会に役立ってこその会社かと思います。

公共=行政ではなく、公共とはみんなのこと。
公共とは誰かが背負うものでなく、みんなで作るものだと思います。

今必要なことは、Re-public。
公共のあり方をもう一度考え直すこと。
本質的な公共を再生していくことかと思います。

| 椿歳時記・EVENTS | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の椿の風物詩

10377167_510265392408230_8229257514917746399_n_201406161811012a1.jpg

いよいよ、本格的な夏!
ちっとも梅雨っぽくない日が続きますね。

先日もちょっとお知らせしましたが、
暑い日はこれでしょ!

冷やしトマトうどん!
写真を是非クリックしてね。

冷たいうどんに、オリジナルのトマトソースを絡めて
おいしいトマトと温泉玉子がトッピング!

こんなに不思議なおいしさは、なかなかないですよぉ。
是非お試しください。

| おいしいもの | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラ。まだ咲きます。

DSCF5205.jpg

一般的にバラ開花シーズンは、5月。
椿のピークもそうです。
でも、バラには四季咲きのものも多いので、秋にもいろいろなパラの開花が見られます。

さて、祭りの後と申しますか、開花ピークを過ぎた椿の庭は寂しいのか。。。と言えば、そーではありません。
ほぼ毎日、違ったバラが花をつけています。
そーそー今朝も、いわゆる黒バラ(名前忘れた。。。)も咲いていましたし、大好きな深い真紅のダブリンベイも綺麗に咲いています。

ダブリンベイは、とっても丈夫で寒さや病気にも強く、花は長持ち。とにかく強いバラです。
1975年にニュージーランドで作られたつるパラです。ちなみにこれも四季咲き。
ダブリンベイっていうだけで、ナンかわくわくするのは私だけ?

アイルランド、ダブリン湾。
夏でも気温20度程度なんですね。
そんな空にこの真紅のバラは似合いそうです。
アイルランド共和国軍の英雄を描いた映画マイケル・コリンズをまた見たくなりました。

| ロジェールの花園 | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ズッキーニ

10352607_509837855784317_5435079260447007034_n_20140616181058259.jpg

Zucchini ・・・・ ズッキーニ。。。こんなスペルなんですね。
なんか、イタリア歌曲とか、ドイツの音楽家みたいな名前だな。。。

10152477_506135559487880_6707168228901605789_n.jpg

ズッキーニといえば、きゅうりの親戚っぽいですけど、南仏料理のラタトューユには欠かせない食材。
もともときゅうりのイメージだったのに、ここのところ椿でいただいているものは、ほとんど南瓜。丸いズッキーニなんです。

10471259_508682799233156_5459216577797902872_n.jpg

さて、このズッキーニ
ナスなどと同じようにとっても油との相性がいいので、いろいろ研究したくなります。
ナスの代用で、トマトソースと板パスタでラザーニャとか、
トウガンの代わりでおひたしとか、
キュウリの代わりで、中華とか。。。

10462782_509838589117577_7996065993178006336_n.jpg

ということで、今回の写真は、いわゆる和風ダシの「煮物」。
今度は、フルーツとしてスイーツ作るかぁ。。。。どきどき。。。

10440930_509864092448360_202418071006258167_n.jpg

| おいしいもの | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昔の玩具と未来振り返り法

DSCF5140.jpg

今のようにスマホやパソコンがなかった時代。
手作りでかわいい玩具がたくさんありました。

今はこーいうのは、なかなかないですね。あっても売れないのかな。。。
最近、このブログネタでコントロールZのお話を思いつきで書きました。

時間を過去に戻せたらいいのに。。。ってことなんて、人生にはたくさん。
こぼれたミルクとか、覆水盆に帰らずなんて言葉。
当たり前って言えば当たり前。

どーいう意味か考えると。
ひとつには、なっちゃったこと、しちゃったことは仕方ないから、とっとと諦めてウジウジしないで前を向きましょう!ってことですよね。

もうひとつはきっと、取戻しが効かない(コントロールZできない)から、よく考えて注意しろよ。ってことでしょう。
後悔先に立たずというのもありましたね。
後でするから後悔なんだろー。笑

それはそれとして、最近心がけていることなんですが、今を未来の視点から振り返ってみるということ。
なんじゃそれ。って言われるかも知れませんが・・・。
簡単です。

まず、自分が年老いた何十年先の未来にいると思います。
その立場から今のこの瞬間を思い出のように振り返ります。

はい。いーですかぁ。笑
ここまで出来ましたかぁ? 笑

今あなたはかなりのご老人。
そして、若い頃を振り返るように、今の自分を見ます。
「あー、あの頃こんなことしてたなぁ」とか、「もっとこーしたら良かったなぁ」とか。

どーですか?
今の生き方、暮らし方を点検するのに、とってもイイと思いませんか?
振り返ってみても、今が良い時間だったと思える生き方をしたいと思います。

今生きている一瞬一瞬の大切さというか、今この瞬間さえがとても愛おしく思えます。
玩具の話から、かなり脱線しました。。。笑

| 椿・SCENE | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コントロールZのお話

ContactPhoto-IMG_20140207_223600.jpg

椿館は、イデア!としてのデザイン事務所でもあります。
日進の夢まつりやとくとく商品券などのポスターもデザインさせていただいています。
写真は無関係です。笑

さて、デザインと言えば、イラレ。adobeのデザインソフト「イラストレーター」です。
こういったソフトに限りませんが、ワードなどでも、いろんなショートカットキーというものがあります。
よく使われるのが、コントロールCやVやX。それぞれコピー、ペースト、カットペースト。
いろいろ覚えるとスピーディーになります。
イラレに限らず、とってもとっても重宝するのが、コントロールZ。
これは今したことを取り消して、その前の状態に戻す。というもの。

これってパソコンの世界では当たり前かもしれませんが、時間の概念から言ったらスゴイ事ですよね。
今してしまった過ちもたちどころになかったことになるし、
間違って買った商品もクーリングオフしなくていいし、
人を怒らせた言葉もなかったことにできるし、
落としたウインナーも3秒を気にせず元通り、
今事故ったこともなかったことに。

人生のリセットなんて言葉がありますが、実際過去を消し去ることは難しいもの。
人生とパソコンソフトとは、違うと言えばそれだけですが、たまに、文字を書いていて間違えたとき、コントロールZしたくなる衝動にかられます。
(そんなん職業病だろー 笑)
だれの人生でも、コントロールZしたいと思うことはたくさんありますが、そこは、ちゃんと背負って生きていくしかないですね。
気持ちは コントロール Z して。

今日は珍しくこんな思いつきブログでした。

| 社会とミッション | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

らっきょ

1533729_509838435784259_5823278823649988334_n.jpg
10374888_505914802843289_1316530975313402398_n.jpg

毎年やってくるラッキョウの仕込みの季節。
今カレーなどにつけてお出ししているらっきょう漬は、2年もの。
椿のらっきょう漬は秘伝醤油付けです。
そして、ピリッとスパイシー。

以前も書いていますが、とにかく特徴は、カリカリ感。
2年も醤油に使っていても、カリカリ感はしっかり。
まるで、畑から採ってきたばかりのようなカリッとした歯ごたえ。

今年は、日進で作っている方から、たくさん分けていただけました。
作業はすっごい手間がかかります。
すでにフェイスブックの方には載せていますが、ひとつひとつ洗って
上下カットをしていきます。

カレーのお客様には、たまに自家製なんですよ。とお話すると、お帰りに「おいしかった」と声をかけていただきます。
そーすると、やっぱりこんな手間をかけても、毎年作り続けないと。。。ということで、今年の作業はほぼ終わりました。
食べるのは再来年かな。。

| おいしいもの | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルイボスティー

10402423_507275139373922_743166962834940473_n_20140616181115cad.jpg

椿の飲み物はほんとにいろいろあります。
こだわったダージリン○○フラッシュなどの紅茶から、タピオカミルクティー、手作りジンジャーエール、生絞りジュース・・・。。
くわしくはたべログ(カフェ椿で検索)などで見ていただくとして、今日のご紹介はルイボスティー。

甘い香り。。。カフェインもなし、タンニンもとっても少なく、フラボノイドなどで抗酸化作用も。体に良さそうと思うだけで体に良さそう。笑

そしてそして、飲みすぎ食べすぎの方にも朗報。
ルイボスは、尿酸を減らすとのことで、痛風治療にもなるんだとか。
ちなみにアフリカでは、ルイボス・オ・レ。つまりミルクを入れるらしいのですが、日本ではやっぱりストレートですよね。

夏にすっきりルイボスティー。
甘いケーキとルイボスティー。
夏のオススメです。

| おいしいもの | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マトリョーシカ

DSCF5142.jpg

マトリョーシカと言えば、ロシア。
そう、あの人形の中からまた人形。
いつまで続くのか期待してしまう、あの人形。

ロシアのおみやげとして有名なんですが、その元はロシア人が日本に来てダルマをお土産に持ち帰ったことから始まったという説もあるとか。

なんと日本がルーツだったなんて。。。
ダルマニアの椿としてはある意味 "感動の嵐" 笑
そんな大げさな話ではないとしても、椿のダルマコレクションケースの中にロシア代表のマトリョーシカが入っているのは、あながち間違いではないということが証明されたわけです。

・・・ナンかうれしいなぁ。。。

文化というものは、どこかに起源があって、このマトリョーシカのように日本と離れた土地のものが実は縁があったりすることは、いろいろあるんでしょう。考えてみれば、陸続きの国々と違って島国単一国家(単一民族ではないです。)の日本は、ヨーロッパのように他国の影響は受けづらかったと思います。それでも、浮世絵がヨーロッパ絵画に大きな影響を与えたなどの話を聞くと、それはそれで誇らしい気分。。。

そんなことで、一度彼女(マトリョーシカ)に会いに来て歴史に思いを馳せてください。(大げさか。。。笑)

| 椿・SCENE | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あ゛゛゛゛゛~  お詫び

10377167_510265392408230_8229257514917746399_n.jpg

先週末から、ここのところ数日、ブログがアップできない状態。。。
何もパソコンの調子が悪いとか、そーいうのでなく、人間が超busy状態。。。
・・・冒頭から言い訳だがやっ。。。汗

とはいっても。。。。
昼間はたくさんのお客様で、毎日毎日うれしい悲鳴状態で、感謝感謝。
お店では、ふわっふわカキ氷もスタート。。

また夏の椿館の定番は、冷やしトマトうどん!
細打ち麺にトマトソースをかけて、完熟トマトと温玉乗せ!
暑い日にも、これなら食欲も倍増です!
これは是非お試しください。(どなたかマスコミ関係者の方にも宣伝を 笑)

一方、デザインのご依頼も多くいただき感謝。。。
今は日進商工会さんのニッシーとくとく商品券の折込チラシや、今年の夢まつりのチラシ・・・
個人の名刺、施設パンフなどで、バタバタ状態。。。

そして今月・来月とスペシャルライブも!
諸々業務過剰状態。。。

という言い訳をタラタラと書いている暇があるなら、ブログを書け!(バシッ!)
そういう言い訳を自分にしつつ。。。

ブログ記事は一日も早く書きますので、つばらくっ、しばらく、見捨てないでください。。。
ちなみにフェイスブックページは、トントンと載せていますので、こっちを是非ごらんくださいね。

・・・と長くなりました。。。。そんな暇があるなら記事を書け!  汗汗汗

| ごあいさつとお知らせ | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

共存のお話

トースト

椿は天然酵母パンでもそうですけど、微生物のみなさまとともに、食品を作り出しています。
・・といいますか、そもそも人の体は微生物のおかげで生きているんですよね。

天然酵母パンの酵母は、小麦から起こした自家製の天然酵母
このタネを長年タネ継ぎしてパン生地を作っています。
このずっとタネ継ぎする製法を老麺法といいます。
以前もご紹介しましたが、中国のマントウなどもそうですね。

マンガの「もやしもん」の主人公のように、菌が目に見えるわけではないですが、きっと椿のパン工房には、しっかりとこの小麦酵母が棲みついていると思います。

パンづくりに限りませんが、食品づくり、そして料理は化学。生物学。
天然酵母ひとつとっても、化学反応の連続ですね。

酵母たちにとっては、糖を食べて、ガスを出すという日常。
そこに、さまざまな登場人物?が関わるだけのことですね。

天然酵母パン発酵にかぎらず、米麹も豆麹の味噌も、酒造りも、ぬか漬けも、なっとうも、豆乳ヨーグルトも、人が編み出した食文化とは、まさに微生物との共存であり、そのまま自然の営みの中にあるということですね。

まさに循環の中に私たちはいます。
そこから外れて私たちの健康はないと思います。

環境を考えるとき、食文化は、単純に風習や習慣ということでなく、きちんと理由のある循環であることを認識して暮らす社会になっていったらいいですね。

実は、今日の本題は、まもなく愛知県で開催されるESDのお話なのでした。

| おいしいもの | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレーへのこだわり

スパイシーチキンカレーs

椿と言えば、天然酵母パン
椿のお食事と言えば、天然酵母パンランチ。
ほとんどのお客様はこのランチなんですが、このほかにもこだわりのお食事があります。

それは、スパイシーチキンカレーと懐かしい焼きうどん。
椿マニア(笑)の方はコレって方がたくさんみえます。

カレーのルーは、インドからのスパイス屋さんから入れたスパイスをオリジナルミックスして、それに椿風の味付けをします。
そうすることで、インド料理屋さんとも、家庭のカレーとも違ったカレーになります。

野菜たっぷりの具は、カレースパイスを入れる前の段階でもおいしいんです。
っというか、この具だくさんスープ状態は、どんな料理に化けてもおいしいベーススープ。
そこに、オリジナルミックスのスパイスなどを投入。

カレーセット

メニューとしては、単品のカレーライスのほか、オススメとしては、カレー単品(ライスなし)と天然酵母パンのセット。
カレー&パンのセットには、サラダ、スープ、小鉢、デザートがついています。このセットのパンは、その日のパンを2-3種類カットして盛り合わせています。
また、カレー単品をオーダーいただいて、一緒に店頭でお好きなパンを選んでいただければ、これをカットとトーストしてお出ししています。

スパイシーなチキンカレーと天然酵母パンの組み合わせは、是非体験いただきたいです。特にプレーンパンやフランスパン、こんにゃくパンとカレーとの愛称は抜群ですよ~。
パンランチもおしゃれですが、カレーとパンも是非お試しくださいね。

このほか、カレーライスとサラダ、スープ、小鉢、デザートなどがついたカレーライスセットもあります。

お待ちしています。

| おいしいもの | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

麹蓋

1505099_498059053628864_731853677685762291_n.jpg

椿では、米麹づくりに以前は、立ちが7センチ程度のプラスチックのコンテナを使っていました。
しかし、水を吸わないプラは、湿度の調整という機能がありません。

やっぱり使いたいのは、日本文化である米麹づくりや清酒づくりや味噌づくりに使われていた麹蓋といわれる杉板製の器。
杉の板は呼吸し、水分を調整してくれます。

この杉板の麹蓋は、今でも、伝統的な工法で作っている由緒正しい造り酒屋などでは使われています。
この杉板は、表面のざらつきを出して、水分の吸収を良くするために、なんとカンナをかけるんじゃなくて鉞(まさかり)のような刃物で削り出すとか。

そんな由緒ある器で昔の方法で作りたい。
椿としては、そう思ったわけでした。

どこかで手に入るか。
ネットなんかでも出ていませんし、一度電話して酒造りの蔵に訊いたら、あれは宝ものだから売るはずないよ。って。

ところが縁のあった方から、分けていただけることに。
本当に感激でした。
椿に来たのは、100年以上も使われていたホンモノの麹蓋です。

昔ながらの日本食文化を大切にして、現代流にいろいろトライしている椿ですが、
この昔使われていた麹蓋を使わせていただけることになって、少しだけですが、ホンモノの食文化の継承ができた気がします。

文化と歴史、そしてこの麹蓋に心から感謝したいと思います。合掌。



| おいしいもの | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

発芽玄米米麹づくり

10334437_554537801326779_6258156103883580754_n.jpg

にっしんで生まれたお米の玄米君。
ただいま水の中。

10371742_497605430340893_2281407563743328660_n.jpg

わかりますか?
ちょこんっと、芽を出しています。
玄米君は、発芽玄米君になりました。

1505099_498059053628864_731853677685762291_n.jpg

ちょっとはしょりますが、発芽玄米君は、蒸されて、人肌に冷まされました。
そこに振りかけられるのは米麹君。
合体して、発芽玄米・米麹君になりました。
ここで発芽玄米君は、ふわっふわの米麹君をたっぷりつけて。。。

10376002_498058650295571_3037704909656897044_n.jpg

ほら、米麹君がどんどん増えています。

さて、またの機会にきっちりご紹介したいんですが、写真に写っている木のお盆みたいなやつ。
これはすっごいものなんです。・・・続く 汗。(なんだよ、もったいぶって。。。)

| おいしいもの | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デュセス・ド・ブラバン

デュセス・ド・ブラバン

だいたいバラの名前は、だれかの名前ってことが多いんです。
デュセス・ド・ブラバンっていうのは、フランス語ですが、デュセスって公爵夫人と意味らしいです。スペルはDuchesse。
子爵婦人だったらdame vicomte。子爵の淑女になります。
公爵はduc。公爵夫人ならdame ducにならんといかんはずなのに
なんで公爵夫人だけ、ひとつの単語でDuchesseなんだろー。。。
ちなみに伯爵夫人を調べたらContessa。また一単語。
。そんなことどーでもいいですか。。笑

いやいや。。。こーなると調べたくなる。。。

そもそも爵位ってなんなんだ。。
上から、公候伯子男の5等級なんですね。

ニッポンでは、徳川宗家は、公爵だったとか。
徳川御三家やおっきい大名、
知事などは侯爵、伯爵は、小さい藩の藩主。
後は子爵・男爵と。。。
たぶんフランスでも順番は一緒でしょうから、デュセス・ド・ブラバンさんは、かなり上等な方。笑

そーなると気になるのがブラバンってどこのだれだ。。。笑
調べたらベルギーやオランダあたりの大きな王国。
そしてそして、消滅させたのは、フランス革命軍だとか。1795年のこと。
ヨーロッパの歴史って、陸つながりだけに、ややこしいですが、面白いですね。

そんなこんなで、そんな偉い人の名前のこのオールドローズ。
やっばり品があります。(名前だけでそう思える単純さ。笑)

四季咲きですから、また夏が終わると咲いてくれます。
小ぶりだし、鉢植えにオススメ。
深いカップ咲きでかわいい白桃色です。

ちなみに、このバラがフランスで生まれたのが、1857年とありましたから、ブラバント王国が消滅してから260年後ということになります。

名前の由来って楽しいですね。
ちなみにホワイト・デュセス・ド・ブラバンも大好きです。

| ロジェールの花園 | 19:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。