椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

店内ご案内1・・・ラスティック



カフェ椿は、椿館にある飲食のお店。
椿館では、ここをサロンと呼んでいます。
このほかに椿館には、お弁当などを作る厨房、イデア!のデザイン事務所、
クラフト室(というか道具置き場)、レンタルルーム(数学コーチングスクール)、
その他があります。

さて、そんな椿館のサロンであるカフェ椿の雰囲気を
シリーズでお伝えしたいと思います。

第一回は、玄関から入って正面の四角いテーブル。
普段はパンを販売しているテーブルです。

実はこの机は、古いカフェのテーブルに
手を加えたもの。

ラスティック加工って、ご存知でしょうか。
このテーブルの天板は、DIYラスティック加工をしたもの。

まず天板の塗装をはがして(けっこうこれが大変。。。汗)
ワイヤーブラシや金だわしなどで、木目に沿ってひたすらこすります。
すると木目の部分が残り、その間の柔らかい部分がへこんできます。
これをサンドペーパーで整えて、次にわざと打痕跡、キズ、釘跡などを
つけます。(これはSっぽくて結構楽しい。笑)
そしてまたまたサンドペーパー。

塗料は体に優しいことを最優先のニッポンスーパー塗装。(勝手な命名です。)

最初は、柿渋の茶。しっかり乾かせてから
このままでは水分が染み込んでしまうので
表面は蜜蝋を薄く塗りこみ。
そして、日常管理は、くるみを砕いて作った自家製くるみオイル。

DSCF2869.jpg


もちろん、時間の経過がやっぱり自然で本物のアンティークですが、
古い家具に手を入れて、自分の気に入ったものにするのは
楽しいですね。

ということで、自家製タイムマシーンのお話でした。



| 椿・SCENE | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://visidea.blog51.fc2.com/tb.php/1301-f8a44dc9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。