椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

型ガラス

DSCF2955.jpg

昭和レトロの象徴と言えば
型ガラス。
今はあまり使われないですよね。


型ガラスにはいろいろなものがありますが、
椿館のサロンの入口(写真)のガラスは
ある意味ほんとに昭和ではポピュラーなものでしょう。

この型ガラスは、
ほんとに魅力的です。

光の屈折の仕方。
ガラス越しの景色。
立体感。
不思議な透明感。

離れていれば、見えるようで見えない。
でも、とってもぴったりと近づくと
よく見えたりもします。

こんなガラスが今ではあまり使われないのは
不思議です。(今でも作っているのかな。。。)

この型ガラスのはめられている引き戸は
とっても古いもの。
大工さん曰く、
「これは赤杉のいいものだよ。」と。
片面はおそらく建物の外に面して
雨風を受けていたと思います。
一方は建物の中なので、劣化は少ないですね。
そんなエイジングされた感じが
型ガラスの風情とぴったりときます。

カフェ椿には、こんなレトロなものがいろいろあります。
是非ご覧くださいね。
いらっしゃいませ。

では、最後に寝る前の誘惑写真。
(脈略ない。。。)笑

pine2.jpg

| 椿・SCENE | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://visidea.blog51.fc2.com/tb.php/1335-1069b7e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。