椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戻る(ガリレオタイトル風。笑)~ふわふわマジック! 

DSCF3099.jpg

天然酵母パンのこと。

このところ椿ラボは、いろいろチャレンジ中!
天然酵母レーズンパン、ドーナッツ
いろいろ美味しくできました。


先日のメロンパンも
あの甘いビスケットのようなパリッとした
生地に、中はしっかりとした食感のパン。
椿らしいパンになりました。
まだまだ研究は進みます。

さて、椿館の景色の中に外せないのは
天然酵母パン。
焼き上げたパンを、「焼けました!」って
サロンに運んでいくと、
お客さんの視線が集まって、
やっぱりワクワクします。

さて、天然酵母パンは、焼いてから
「いつ」がおいしいか。

もちろん焼きたてはいいですよね。
といってもちゃんと一回冷めてからが一番です。

問題はそれからです。
生地が落ち着く時間というのは、
食べる側の好みの問題もありますが、
3日後くらいがいいとも言われます。
もちろん保存方法にも寄りますが。

3日後がいいとしても、
水分は当然蒸発していきますし、
当然グルテンは固まっていきます。

ここからマジックが始まります。
椿の天然酵母パンのお召し上がり方という
ミニパンフには書いてあるんですが、
カットしてトースターで数秒、
表面がちょっとだけカリッとしたら
オーブントースターの蓋を開けずに
余熱でパンの中心部まで温めます。

パンの中心部まで温まるほど焼くと
外は焼きすぎになりますからご用心。

もちろん保存料・着色料・香料などなど
余計なものは入っていませんから、
ずっとカビもはえないような「恐ろしいパン」とは
違います。

冷蔵庫や冷凍で保存して、
カビさえ生えなければ
ずっと保存はできます。

固まったグルテンが、温まると
解けて、焼きたてのようなふわふわに戻る
マジック!
是非ご体験ください。

| おいしいもの | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://visidea.blog51.fc2.com/tb.php/1369-ab41f717

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。