椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビリーホリデイ

DSCF3222.jpg

カフェ椿では、女性ジャズボーカルが流れています。
ここのところずっとかけているのが
ビリーホリディ。
古い録音なので、音質が悪いのは仕方ないですが
ナンとも雰囲気のある声です。

彼女に限らないのですが
素晴らしい歌手が、素晴らしい人だったとか、
素晴らしい歌手が、素晴らしく幸せな人生を送った
とは限りません。

犯罪・黒人差別・暴力・売春・麻薬・貧困
レイプ・裏切り・離婚

彼女自身、こうした社会の不幸を
すべて背負うように、
傷だらけになり、懸命に生きてきました。

現代アメリカにも多くの暗部はあるにしても、
彼女が生きた時代は、黒人の人権などなく、
彼女がどう考えようが、その暗部から抜け出すことは
難しい社会の中にあったのでしょう。

そんな人生だったからこそ、
こんなに心に響く歌が唄えたと考えるのは
あまりに悲しすぎますが、
この時代の生活のリアリティーが
彼女に色濃く反映していることは
間違いないんでしょう。

そんな時代に懸命に生きたからこそ
今この録音があって、いまも感動を与えてくれます。
そんな時代に思いをめぐらせながら
今の時代と照らし合わせて
もう一度彼女の唄を聴きなおしたいと
思います。
 

| 音楽とライブ | 07:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://visidea.blog51.fc2.com/tb.php/1381-73f840db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。