椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1921年生まれ

DSCF3798.jpg

椿館の入口の玄関は、
数年前に増築しました。
元々は、和室6畳と8畳についた
広い縁側があって、


そこには外に出るために
掃きだしのアルミサッシがありました。

そこをお店の入れ口らしくするために
4畳分の玄関を増築。

ここも手作り一杯で
外の黒い板張りは
柿渋の黒。
これも自前で塗りました。
あの武家屋敷の塀と同じですね。
そーいえば真っ黒お城もどっかあったな。。。

そして、玄関内の壁は、日本の伝統の漆喰。
これもDIY。

そして、窓などの建具はみんな
中古の渋いものを、いろんなところから
購入して、大工さんがメチャ手間をかけて
はめ込んでいただきました

正面玄関から見て、
右手の部屋の前についている
白いワクの窓。
これはナントビンテージモノのステンドグラス
木もボロボロですがイイ味を出しています。

これはアメリカから輸入されたもので、
簡単に言えば色のないステンドグラス
1921年製だとか。
かなり傷んでいて、木枠とかを替えたほうが
いいのですが、せっかくのビンテージものなので、
塗装も修正しないで、そのままはめました。

お越しの際には、じっ~っと観察してくださいね。

| 椿・SCENE | 16:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://visidea.blog51.fc2.com/tb.php/1443-88b82d9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。