椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小麦粉のお話2

DSCF3791.jpg

子どものころ、フランスパンと言うと、
固~いパンということと、
パン屋に売っている大きいパン
持って歩いているとかっこいい!
そんなイメージだったですね。

一般的にフランスパンは、
クラストはパリッバリ。(フランスシャレだ!汗)
中はふんわりしっとりで、
気泡が大きい。そんな感じでしょう。

クラストは、パンの耳部分。
これがおいしいかどうかは、
パンがおいしいかどうかに関わる
重要な要素ですね。

ところで、パンに耳があるというのも面白い。。
パンに目や口があったら恐くて食べられん。。汗

話戻して。。。汗汗

パンづくりに関わる者としては、
フランスパンを焼いてみたいというのは
当たり前。
椿としては、当然、天然酵母を使用した
フランスパンをこれまでも作ってきました。
と言っても、大きなバゲットって感じじゃなくって
小ぶりのフランスパンです。

そんな中、やっパリ(笑)こだわりの椿。
日本でも使っているパン屋さんがほとんどないと
言われるフランス産の超高級小麦粉を仕入れました。

フランスの小麦粉で焼く天然酵母フランスパンですよ!
これは、日本中探してもそうはないでしょう。

焼いてみたら、さすが本国!
クラストパリパリ(またか。。。)

これゼッタイ食べて欲しいです。
ワインと一緒とか、サンドイッチもお洒落。
フランスパンお弁当とか作ってもいいですね。

ちなみに椿の冬プランでは、フランスぜんざいが
計画されています。内容は極秘です。。。汗

ちなみに先日、フランスを舞台にした
モノクロの映画「アンジェラ」2005年を観ました。
オススメです!

| おいしいもの | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://visidea.blog51.fc2.com/tb.php/1449-8f7c91b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。