椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

庭の小人

DSCF3955.jpg


椿館の庭には、バラが100種類ほど植えてあります。
今も四季咲きのバラがちょっとだけ咲いていますが、
ゴールデンウィーク頃は、前の道路を通りかかるだけでも
バラの香りがわかるほど、一杯のバラが咲きます。

そんな庭ですが、逆に言うと、
バラ以外の季節は、割と地味ですから
来年の春に向けて、冬の間に
ちょっとは手を入れたいと思っています。

さて、そんな庭に、
小人こびと。。。
こびとと言えば白雪姫ですかね。
白雪姫はグリム童話に入っていますが
もとはドイツの民話だとか。

白雪姫は王妃に何度も殺されかかるのですが
いつもこびとに助けられて息を吹き返します。
ゾンビか。。汗

そんなすごい森に住む7人のこびとたち。
こびとは森の妖精なんですよね。

さて、椿の庭の中にいる「こびと」は
身長が30cmくらい。
もともと古いものをいただいたのですが、
ずっと庭の植え込みの中に色あせても
笑顔でずっと立っています。

古い人形には「魂」が宿るなんて
気持ち悪いことをいうつもりはありませんが、
ずっとあるというのは、やっぱり愛着が湧きますね。
手入れの行き届いていない椿館の庭という森の中の
こびとさんのお話でした。

是非探してみてくださいね!


| 椿・SCENE | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://visidea.blog51.fc2.com/tb.php/1457-dc660c45

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。