椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幻惑の夜椿

DSCF4020.jpg

大げさなタイトルだ。。。汗

夜の椿館カフェ椿の入口です。
昼間とはまた違って、
ここはどこ?(私はだれ?)
っていうくらい、イイ感じです。
(意味不明だ。。。)

ふと考えました。。。(唐突だ。。。)

DSCF4018.jpg

昼間の光は、満遍なくすべてを見せてくれます。
人の目はすべてを見る能力があるのではなく、
人の目はすべてを照らす力があるわけでなく、
太陽の光がすべてを照らした結果を
私たちが見ているんですね。
これは、法律用語で言う
反射的利益と似ていますよね。

私たちは道路を通る権利があるわけではなくて、
そこに道路が存在することによって
通行することができるんだ。ということです。
つまり結果的に利用できるだけということ。

ですから、昼間に見えるというのは能力でなく、
結果であるということになるのです。
これは、なんとなく教訓的。。。
自分の力なんじゃなくって、
何か別の力のおかげで。ということ。

さて、一方、
夜の闇は、すべてを隠します。
つまり黒いキャンパスですね。
しかし、照明は都合の良いところだけを照らして
結果的にきれいに見せてくれます。
逆に、きれいでないところは
隠すことができる。(ずるい。。。)
つまり、昼間は自然ですが、夜は人為的ということ。

昼間でも、雪景色はこれに似ています。
雪も地表のあらゆるものを白くカバーします。
雪の日のまちの景色は、美しくないものを
すべて覆い隠してすべてを純白にしてくれます。

DSCF4017.jpg

ということで、そろそろ雪も舞う季節。
カフェ椿では、夜の貸し出しもしています。
(宣伝の前フリとしては長いだろー。汗)

ご宴会、会議、交流会、忘年会、コンサート、お稽古事の発表会、
各種イベントなどにいかがでしょう。
120インチスクリーンを使用したDVD鑑賞会など
いろいろご利用いただけます。
ライブ音響機材、簡易照明、ピアノ、プロジェクターなども
あります。

通常の席数は30席程度ですが、イスの追加などで
それ以上にも対応できます。

この時期、とってもプライベートな空間で
パーティーなどいかがでしょうか。

という宣伝でした。汗

| 椿・SCENE | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://visidea.blog51.fc2.com/tb.php/1474-bf30b3da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。