椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ことよろマス。

DSCF4150.jpg

新年明けましておめでとうございます。
今年も椿館カフェ椿をよろしくお願いします。
・・・とちょっと遅めのご挨拶になりました。汗


カフェは今週土曜日の11日から
営業開始します!
この日は夜のライブの日。
是非、新年会気分で夜遊びにも
お越しください。

さて、今年はどんな年になるんでしょう。
未来のことなんてわかるはずがないのですが、
わかっていることは、
消費税が上がることくらいでしょうか。苦。。。

椿としては、去年に増して
パワーアップしていきたいと思います。
(イメージだけですみません。。。汗)

ところで、毎年、毎年、思うのですが、
新年明けましておめでとうございます。と
いいますが、何が「おめでたい」んでしょうね。。。
けっして「おめでたい人」ということでもないし、
新年になったからと言って、何か良いことが
約束されているわけでもないし。。。。

飢餓やテロや戦争の中にある国々の人々、
日本にもその日を生きていくのも
とても厳しい人たちがたくさんいます。

こうした人々にとっては、命を繋ぎ、
無事に新しい年を迎えられた。という意味では
「めでたい」ということは理解できます。

とりあえず、住む所も、着るものも、食べるものも
その質は別にして、満たされている者にとって、
何を「めでたい」と思えばいいのでしょう。

ここまで書いてわかった気がします。

こうして、無事に生きて、暮らせていることに
感謝し、これが当たり前でないことも理解した上で
無事に新しい年を迎えられたということの価値を
認識して、「めでたい」こととして、
感謝するという意味なんでしょうね。

そういう意味では、おめでとうは、
相手が無事にいきているお祝いの言葉。
「お互いに、また今年も生きて迎えられてよかったですね。」
ということ。

大切なことは、自分が無事に生きられる
社会や環境への感謝の念なんでしょう。

憲法にも書いてあるように、国民の不断の努力によってのみ
この「おめでたい社会」は存続できているわけです。
同時に、自分は、社会の一員として、支える側でもあります。

椿にとっても、お客様を始め、支えていただいているみなさまのおかげで
新しい年が迎えられたんだと、あらためて感謝します。
また同時に椿も、その「社会」を支える側であるように
不断の努力をしたい。と強く認識して、ご挨拶にしたいと思います。

DSCF4149.jpg

あ゛~。。。長くてすみません。。。汗
いつも文章が長いとか言われるし、
年始にマジにブログ書いたから、
今年の目標は、短いブログにしよう。。。笑

ことよろマス。

| ごあいさつとお知らせ | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://visidea.blog51.fc2.com/tb.php/1484-91411ad1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。