椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バラのマジック

今、椿館はロジェールの輸入したばかりのレアバラ苗のセール中!

IMG_7001.jpg

みなさんに見に来ていただいて、初めて見られる方は、ほとんどが、へーーーっ。と驚きの反応。
何故か??と言いますと、裸苗(切り詰められた枝と根の状態)がとっても珍しいからです。園芸センターなどで売ってるものは、土やおが屑等と一緒にポットに入ってますよね。

IMG_9502.jpg

一見、小さな木の切り株みたいで、こんなで芽が出てくるの???。。。というイメージだからです。

IMG_9501.jpg

そのバラのお話をちょっと。

このバラたちが生まれ育ったニュージーランドは、今冬。
ちょうど冬眠状態で、土から堀出されて、茎や根を切り詰められます。
寒いところならいいのですが、高温の日本に来てしまうと、
当然冬眠から覚めるわけで、乾いたりしたら枯れてしまいますから、
保湿がとても大切になります。

空港について、植物検疫。まるで手術台に乗ってるみたい。。。

DSC08621.jpg

植物検疫は、農林水産省のお仕事ですが、1本1本出すのはこちらです。汗
虫とか病気がないかは、ニュージーランドでチェックされてきていますが、日本に来ても、再度厳しくチェックされます。

大量輸入の業者さんのは、一部しかチェックしないそうですが、ロジェールのように少ない本数の場合は、しっかり一本一本チェックされます。(けっこうたいへん。。。。)その間、保湿には充分気を使います。この作業中はとてもドキドキ・ピリピリ・・神経使います。「みずみずしい苗」と、お客様に喜んでもらえることを信じてふんばること数時間。。


逆にそういうしっかりしたチェックと温度管理があってこそ、ロジェールの苗は、安全かつ、フレッシュで元気なワケです。
日本に来た途端に、パラたちは、びっくりして飛び起きます。
そう、真冬で冬眠中から、突然夏だからです。

「あ、寝坊したっ!」と言うかどうかは別にして、バラたちは、品種によってまちまちですが、次々に芽を出し始めます。
ここからが、ロジェールのバラマジックの始まりです。

冬眠から起きて、1週間。
もう芽が出てきました。
こうして芽が出ているのを見ると、ああ、ちゃんと元気だ。と確認できます。

フツーのバラは、春、四季咲きの場合は、春と秋です。
しかし、この輸入バラは、早いものでは、1ヶ月程度(真夏)に最初の花を見せてくれます。

そして、それが終わっても、四季咲きのものは、また秋にも、また花を咲かせます。
半年の間に2回も花が見られるなんて、面白いでしょ。大苗なので、蕾がついたら、全部摘蕾せずにいくつかは咲かせて、色や香りを確認します。

このスピードと咲き方が、ロジェールのバラマジック。

みなさんのお庭やベランダに一鉢いかがでしょうか。
このビデオの早回しのような生長は、お子さんが見てもびっくりします。
楽しいですよ。ほんと。毎日変化するので目が離せません。

ちなみに、この裸苗(3000円)は、発芽してきてしまう関係で、この数日が限界です。
その後は、植え込んだものの販売となります。
植え込むと高くなってしまいますから、是非、今のうちに手に入れてくださいね。

椿館では、入荷した品種の花の写真もご覧いただけます。

IMG_7890.jpg

| 新着商品レビュー | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://visidea.blog51.fc2.com/tb.php/529-32071e15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。