椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

濃い味みかん

IMG_0531.jpg

椿館では、いろんな地方からお気に入りのものを仕入れて、食材に使ったり、販売しています。
今、店先に並んでいるのは、先日ご紹介した定番のタマネギとみかん。

みかん??
そう、どこでも売っている「みかん」なんですが、これはちょっと違います。
バッと見は、正月飾りに乗せる葉付きの小さいみかんにみえますが、実は、このみかんは、温州(うんしゅう)みかんといわれているもので、和歌山産のものです。

もともとシンプルなみかんの種類ではありますが、日本から中国にも渡ったみかんとも言われます。
もともとおいしいものなんですが、この温州みかんは、取るまでの時間が違います。
普通は、みかんは年を越す前に、早めに取って出荷されるそうですが、このみかんは、高級な葡萄や梨のようにひとつひとつ袋をかぶせ、年を越してもずっと木についたまま成熟させています。
そうすることで、ただ甘いだけじゃなくて、とっても濃厚で深い味わいになります。
果物は何でもそうですが、しっかりと大地の栄養を吸って、木についたまま熟成したものは、やはりおいしいんですね。高いですが、普通のみかんとは、まったく違いますね。
是非お試しを。

| おいしいもの | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://visidea.blog51.fc2.com/tb.php/710-c5e8167e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。