椿歳時記

椿館・カフェ椿の情報をお伝えします。リアルタイムな情報はfacebookページ「カフェ椿」がオススメです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ランチレビュー ~ サゴシのかば焼き

サゴシのかば焼き

サゴシ。
若いサワラと言ったほうがわかりますよね。
つまり出世魚です。
50センチくらいでサゴシというそうですが、大きくなると体重12kgくらいにもなると。
いつからサゴシがサワラに変わるかは別として、おいしい魚です。

料理方法としては、煮付け、塩焼きが定番ですが、白味噌に漬け込んだり、や柚子味噌で焼いたりしてもおいしい♪

・・で、椿では、特製タレで蒲焼きに。
何度もピカピカにタレを塗ります。
このピカピカ加減が良いんですよ。笑

椿のランチは肉よりも魚料理が多いです。
やっぱりヘルシーですからね。
家庭では、ついついラクなので肉料理になり勝ちで、まして子供さんがいたりすると、肉がクイタイ!なんてことは多いですよね。
もちろん椿でも、お肉のメニューの日もありますけど。

先日、お客様からの電話で「お肉抜きのランチできますか?」って。
「肉料理を抜くことはできますが、そうするとお皿が寂しくなります。
魚料理の日が比較的多いので、当日の朝にお問い合わせください。」ってお答えしました。

ということで、ちよっと手間をかけたお魚料理も一品に。
天然酵母パンに、こんなおかずをはさんで食べるのもおいしいですよ。
さごし蒲焼きバーガー風。

お待ちしています。

| おいしいもの | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ランチレビュー ~ マグロのマリネ

マグロのマリネ2

天然酵母パンランチには、5種類くらいのいろいろなおかずがつきます。
その中の一品に最近しばしば登場しているお刺身の創作料理。

先日も、甘酸っぱいショウガの味付けのアジのなめろうとか、サゴシの蒲焼とか、イワシのコンフィとかのご紹介したところです。

ヘルシーという意味では、やっぱり魚。
(けっして肉が悪いという意味ではありません。汗)

ポイントは、酸。
キーワードは血液サラサラ。

どーいうことかというと、肉は飽和脂肪酸が多くて、魚は不飽和脂肪酸が多いということ。

なんじゃそれ?ですけど、またまた簡単に言えば、飽和脂肪酸は固まり易くて、そういう意味では蓄積されやすいもの。
一方、不飽和の状態は、解け易い脂肪酸ってこと。

飽和脂肪酸をたくさん摂っていると、血液がドロドロになりやすいということになるので肉ばかりたくさん食べちゃダメってことなんですね。

一方、魚の不飽和脂肪酸は、体で作れないもので、摂取することは大切なんです。

椿は健康オタクでもないし、オーガニック専門店でもないし、超こだわりの店でもないのですが、できるだけ体に良いものを毎日ちゃんと摂ることは推奨したいし、ちょっと心がけてお料理を出しています。

ですから、毎日ランチにお越しください。笑

(朝は椿のモーニング・お昼は椿のランチ・夜は天然酵母パンで軽くお食事。
そんな生活いかがでしょうか。汗)

マグロのマリネ

| おいしいもの | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モーニング その2 酵素を摂る

DSCF5005.jpg

写真は、ヘルシーモーニングにお付けしている生ジュースです。
ヘルシーモーニングは、お飲み物プラス250円。
内容は、お飲み物に・・・
・天然酵母パン(オリジナルソース)
・豆乳ヨーグルトシリアル乗せ
・生ジュース
・朝のスープ
がついてきます。

ほら太っ腹でしょ。

さて、今日のネタ。
生フレッシュジュース。

写真は、三宝柑とニンジンのジュースです。
だいたいこうした果物と野菜やハーブのミックスジュースです。

これはできたら、最初に飲んでいただきたいです。
どーしてかといいますと、食事の前に酵素を摂ることが、とっても体に良いからです。
同じようにランチにも、最初にキャベツたっぷりのサラダをお出ししています。

どうして酵素が良いか。
簡単に言えば、酵素は人間の体には必要なもので、人間は体の酵素はどんどん使い棄てていると言いますか、排出してしまうんです。ですから、ちゃとん摂らないといけないということ。

酵素は、消化・吸収・輸送・排出といろんなところで機能しています。
つまり、これがうまく回るということは、健康っていうこと。
余分な脂肪を分解する酵素という意味でも(自らを振り返って。。汗)大切です。

ということで、椿モーニング。オススメです。
9:00-10:30です。

| おいしいもの | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カフェ椿のデザートレビュー ~アプリコットのタルト

タルト

写真はアプリコットタルト

椿のデザートは、いつも同じものがあるわけじゃなくって、
その時その時の素材と季節の出会い頭で種類が変わります。

もちろん、おいしいことの要素として、「旬」ってものが大切で、そういう意味ではいつどこで仕入れるかで決まります。
写真のアプリコットタルトは、見た目もかわいいし、人気ありました。
(お詫び 画像はずいぶん前のものなので、今あるわけではありません。かわいいから載せたかった。。。汗)

ということで、ここ数日のデザートは、苺ジェラート。もちろん自家製です。
なんとなんと、お食事の後の苺ジェラートは+200円とオトクにお楽しみいただけます!
ちなみに自家製苺ジャムもおいしいですよ~。(写真はまた今度。)

ケーキセット

上の写真に乗っているバラの形は、カボチャアイスです。
これもかわいいでしょ。

ということで、春の柑橘系デザート、三宝柑マーマレードに続いて、苺デザート、そして、この次は梅のシーズンがやってきます。
夏の定番、椿の青梅スカッシュ。夏がやってきますね。

| おいしいもの | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ランチレビュー ~ イワシ料理

イワシの梅煮

ランチレビュー コンフィ

椿のランチは野菜が中心ではありますが、お魚はよく登場します。特にイワシやサゴシ、サーモンを使った料理は多いですね。

イワシはいろいろな料理ができますが、最近のメニューでは、コンフィ。

コンフィはもともとフランス料理の調理法でお肉料理のイメージがありますが、お魚のコンフィはとってもおいしいです。

もともとのコンフィは、どちらかといえば保存食。
塩などで味付けして、油につけて低温でじっくり煮ることで、保存性を高めます。
オイルサーディンも仲間です。

椿では、その日によって、塩味だけじゃなくて、いろんな味付けをします。
この日は、イワシのコンフィは、梅を加えてみました。
タイムとシナモンの味付けもおいしいですよ~。
バジル、しょうゆ。。。。
いろんなバージョンがありますね。

たかがイワシされどイワシ。
イワシに含まれるコレステロールや中性脂肪を抑える不飽和脂肪酸も体にはイイようです。

イワシのコンフィ

イワシ

| おいしいもの | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モーニング その1 豆乳ヨーグルト

DSCF5007.jpg

写真はモーニングでお付けしている豆乳ヨーグルトと甘酒のシリアルトッピング。
まさに健康の組み合わせのような。。。笑

豆乳ヨーグルトは、一日大さじ一杯で体の免疫力を高めると言いますし、甘酒に至っては飲む点滴と言われるくらいでミネラル一杯!
それにシリアルで繊維も取る。ってことです。

一度にたくさん食べることよりも、毎日良いものをちゃんと採ることが大切。
そんなお手伝いがおいしいものでできるわけです。

そうそう、最近、麹の化粧品とか某有名メーカーがコマーシャルやっていますね。甘酒はまさにその麹から作られるわけで、(酒粕で作るものもありますが。。)お肌の美白効果もあるといわれます。

まあ科学的・化学的なことは、よくわかりませんが、昔からの知恵として、日本の誇る発酵技術の麹づくりも、植物性乳酸菌が豊富な豆乳ヨーグルトも今も作られているのですから、信じてもいい気がします。

市販のサプリメントや薬はいろいろありますが、健康オタクって感じじゃなくって、どうせなら美味しく食べて健康でいたいですよね。

是非お試しください。
モーニングは、9:00から11:00。
土日もあります!

| おいしいもの | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アサイーボウル・・・できるだけ椿らしく。

アサイーボール

最近アサイーボールをご注文されるお客様が多くなりました。
もちろん気温が上がってきたこともあるんでしょうが、やっぱりたくさんの人たちが健康とか、免疫力とか、美容とかに関心があって、自分のライフスタイルの中でできる範囲で取り入れていってるんだと思います。

おいしいことと、体に良いこと、健康のためになること。
そういう意味では、アサイーボールはかなりストライクですね。

ちょっとアサイーボールとは話題がそれますが、椿はマニアックなお客様から、オーガニックな店だとか、超こだわり食材の店と誤解されます。でもけっして椿は、そんなマニアックな店ではありません。
強いて言えば、できるだけ、・・・の店です。

でも、できるだけ。って大切なことだと思います。
それはご家庭でもそうですね。

できるだけ、安心なもの。
できるだけ、手作りのもの。
できるだけ、生産者や生産地がわかるもの。
できるだけ、環境に負荷をかけない。

逆に言えば、オーガニックでもないし、
使っている食品の生産地や原材料を逐一調査しているわけでもありません。

たとえば、椿のこだわり「焼きうどん」は、化学調味料は使わないで、刻んだ昆布とちゃんと削ったかつおぶし。
でも、お肉や野菜は普通にお店で売っているものが中心です。

これからも、できるだけ・・・がんばってやっていきます。笑

ってことで、アサイーボール。。。
おいしいです。

| おいしいもの | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天然酵母パン、出荷!

DSCF5012.jpg

写真は椿定番の天然酵母パンのラム酒レーズンパンです。
最近、豊田市の日本茶カフェ「LEAFさん」に出荷させていただいています。
こちらへの出荷は、レーズンパンと、シフォンケーキと、ほろほろクッキー。
豊田方面の方、是非、こちらにもお立ち寄りくださいね。

DSCF5010.jpg

この写真は、このGW中に愛知牧場で開催されたに真摯商工会の「にっしんセレクト」のイベントに出荷した写真です。

DSCF5011.jpg

椿での販売はもちろんですが、もっともつとたくさんの人に、椿の天然酵母パンを知っていただけることは、ほんとにうれしいですね。

DSCF5009.jpg

椿の天然酵母パンやケーキを仕入れていただけるお店ありましたら、是非お願いしますね。

| おいしいもの | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手作りジンジャーエール

DSCF4936800.jpg

そろそろ日差しも強くなってきて、突然夏のような日はやってきます。
そんなときには、グビグビって炭酸ジュースを飲みたいですよね。そんな時、コーラもいいですが、ど~せ飲むなら体にちょっとでも良いものにしたいもの。
そこで、椿の手作りジンジャーエールのお話。

ジンジャーエールっていうと、喫茶店ではウィルキンソンかカナダドライですね。
ちょっと辛くてきつい炭酸がお酒ではないけど、ちょっと大人の飲み物っぽくて、よく飲んだものです。
でも、まだ学生の頃は、ジンジャーがショウガだってことすら知らなかったと思います。

ジンジャーエールは、ショウガを煮たものをベースにして、シロップ(黒蜜)とか、香料とかを入れてあるものですが、ショウガ+何を入れるかでずいぶん風味が変わるものです。

椿の手作りジンジャーエールは、ショウガとハチミツとレモンのシンプルなものですが、実は作り方をいろいろ工夫しています。

先日、中日ホームニュースさんから取材があって、この手作りジンジャーエールの作り方と残ったショウガを使うアジのむなめろうを披露させていただきました。

これからの季節、ヘルシーなジンジャエール。
是非お試しください。

DSCF4942.jpg


| おいしいもの | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天然酵母パンランチ

パンランチ1

カフェ椿では、天然酵母パンの盛り合わせとおかず、スープ、サラダ、小鉢をセットにしたパンランチをご用意しています。(数に限りがあります。)

最初にお出しする「たっぷりキャベツサラダ」は、食膳に酵素の働きで胃の調子を整える千切りキャベツとオリジナルドレッシング。
天然酵母パンは、2種以上の盛り合わせ。
写真は自家製三宝柑マーマレードですが、今は自家製イチゴジャム付き。
定番のレーズンパンやこんにゃくパンもお楽しみいただけます。

おかずは一つのお皿に、手間暇をかけたおかずを盛り合わせます。
スープと小鉢も、日替わりとなります。

ランチのご予約は随時承っています。
ローズウイーク中は、12:00-13:00は混み合うこともありますので、
ごゆっくりされたい方は、13:00以降のご予約がオススメです。

※駐車場がほとんどないので、市営くるりんばすでのご来場をお願いします。
※お車の場合は、必ず乗り合わせでお願いします。
※市民会館・図書館バス停から徒歩5分ほどです。

夜の交流会やご宴会も承ります。
夜のパラのお庭を満喫したい方には、お庭でのワインパーティーなどもご用意いたします。
詳しくは、お電話0561-76-1542まで。

| おいしいもの | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

淡路島のたまねぎ~激甘!

DSCF4966.jpg

またまた淡路島の甘~い玉ねぎを入荷しました。
なんで入荷するかと言えば、椿のメニューで仕様しているからなんですが、せっかく入荷するのでお客様にもおわけしようということで販売!

たまねぎと言えば淡路島。というだけのことあって、ほんとに甘くておいしいんです。
そのままそのままスライスしてサラダにするのはもちろんのこと、お料理に使うだけでグッと料理に深みが出ます。

まだ未経験の方、ぜひお試しくださいね。
(ありったけですので、欲しい方はお急ぎください。)

DSCF4994.jpg

| おいしいもの | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マニアックな塩麹パン

DSCF4864.jpg

カフェ椿の天然酵母パンの中でも、またまたマニアックな塩麹パン。
何がマニアックかと言えば、塩麹どころか、麹さえ自家製。。。汗
全国のパン屋さんでも、ここまでするお店はなかなかないでしょう。

ということで、塩麹を成型した天然酵母パンの上からハケで塗っています。
天然酵母パンの深い味わいとコクのある塩味がとってもマッチしています。

さて、麹を塗ることでどうしてこんなにおいしくなるか。です。
パンに限りませんが、塩麹がこんなに何に使っても料理をおいしくするか。
それは麹菌の酵素が、たん白質を分解して旨みを生み出すからです。

・・・と書いても現代人にはわかりづらい。。。
(お前は何人だ!・・・汗)

で、現代人に説明するのに、わかりやすいのは、某会社の●●素。
たいへんアバウトな説明で怒られるかもしれませんが、あれは人工的に作られた旨み成分で、麹はそれと同じ役割の自然な旨み調味料なわけです。

昔からの食いしん坊の知恵。
すごいですね。

塩麹パンも是非お試しください。

| おいしいもの | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パテシエール椿

イチゴのこんにゃくゼリー

おいしそうでしょ。。。。

最初の写真は、先日の配達パンランチに
お付けしたゼリー。

生カステラ

次の写真は、4月6日の岩崎城春まつりに特別にお出しした椿の新しいデザート
名前はまだ未定ですが、プチヒットの予感♪。。笑
これを岩崎城でお買い求めいただいたお客様があれを食べたいと、わざわざお店までお越しいただきました。

食べ物を文字で表現するなんてナンセンスの極みではありますが、(食べ物評論家のみなさん失礼しました。。)
強いて強いて言えば、ピュア生カステラ。
生シフォン。とろ玉ういろう。
はたまた、茶碗蒸しスイーツ。
プリンケーキ。
意味不明。。。笑

これだけ書いたら食べてみたいという人も現れるでしょう。
ランチご予約ください。笑

ちゃんと名前考えないとな。。。
でも、ほんとおいしいんですよ。
ちなみにこの丸秘スイーツですが、椿自家製マーマレード入りも試作済み。
これはもう驚きのおいしさです。

大手洋菓子メーカーさま
今なら、仕入れ交渉お受けします。汗。

| おいしいもの | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こんにゃく

DSCF4552.jpg

カフェ椿とこんにゃくは切っても切れません。
こんにゃくと言っても、こんにゃくそのものじゃなくて、

こんにゃく粉です。

まずは何といっても、こんにゃくパン。
今や、椿の天然酵母パンの中でも、レーズンパン、プレー

ンパンに次ぐ、ナンバー3の商品になりました。

以前も書きましたが、パンの中にべろ~んとこんにゃくが入っているわけではありません。(キモイ)こんにゃく粉を練りこんだパンです。
こんにゃくパンは、もともとモッチモチの天然酵母パンをもっともっとモチモチにして、味わいも深くした感じです。

2センチくらいの厚みにカットしてトーストして、ちょっとバターやマーガリンをつけて食べるのがオススメ。
すっごいおいしいですよ~。

DSCF4553.jpg

もちろんこんにゃくはカロリーも低く、かつ繊維質が多い

ので美容と健康にもバッチシ!

椿では、このほか、天然酵母パンランチのデザートにこんにゃくゼリーをお出ししています。
独特の触感。ヘルシー感。
こっちもいいですよ。

ちなみに、こんにゃく粉も店で販売していますので、
ご家庭でもこんにゃくゼリーを作ってみてくださいね。

こんにゃくパンも是非お試しください。

| おいしいもの | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お食事付きコンサート

DSCF4900.jpg

先日椿館で開催されたRENさんのケーナコンサート。
この日のチケットは3500円でお食事付きでした。

写真がそのお食事です。
これにドリンクがつきました。

パンはもちろん天然酵母パン。三種盛り。
プレーン、こんにゃく、レーズンパン、
そのほか、具たくさんのトマトソーススープ、
ブリ大根、etc...

椿では、こんなお食事付きの会場レンタルも
しています。

コンサートに限らずお部屋貸しはしています。
サロンには、音響機器、DVDプレイヤー(5.1サラウンド)と
120インチのスクリーンもご利用いただけます。

仲間で集まって、パーティー、映画鑑賞会とか、
ライブフィルムコンサートとか、
スポーツのテレビ観戦など
いかがでしょうか?

DSCF4916.jpg

| おいしいもの | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

卵のおかず

tamago.jpg

献立としても、お弁当のおかずとしても、料理って欠かせませんよね。
・・っていうか、おかずがないときの頼み。

って玉の子って書くように、いろいろできちゃう玉手箱的な食材ですよね。
そもそも玉はぎょくですし。

ちなみに、玉子
玉子は基本的に料理に使う鶏のを指しているとのこと。

玉子メニューの王道は、
喫茶店ならゆで
(昔、知り合いのおじさんは「うでたまご」って言ってたな。。。)
弁当なら卵焼き。
ご家庭ならオムライス。
などなど。。。

椿でも玉子は大活躍。
ちなみに椿の玉子は、新鮮でおいしい「たまご村」から届けていただいているもので、とってもハリがいいんですよ。

椿で卵と書いた場合は、やっぱりシフォンケーキの素材。
黄身と白味を分けてあわ立てされています。
椿でお客様に人気のシフォンケーキは、ホントにふわっふわ。
どうしたらこんな風になるのかって、よく訊かれます。
生の卵から、あんなホイップ状態のものができることを最初に見つけた人はすっごいですよね。

そして、椿のメニューにあるように、温玉もとっても大切。
低温でじっくりゆでて、胡椒をちょっと振って。。。
これは定番のカレーや焼きうどんとの愛称はばっちり!

そして、椿で玉子と書いた場合は、やっぱり卵焼き。
といっても椿ですから、手の込んだものが多いんです。

写真は2色玉子。
きれいに色が分かれるのが、見た目のゴージャス感を高めます。
玉子焼きっていろんなものを混ぜて焼けるので
バリエーションも作りやすいですね。

天然酵母パンランチにも、よく登場していますので
お楽しみに!

| おいしいもの | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

配達好評

DSCF4807.jpg

最近はホントにパンのお買い物のお客様が増えました。
やっぱりこのチラシの成果なんでしょうね。

自分で車で来られる方は、「いったいどんな店なんだろう?」と
電話注文よりも、直接お店にお越しになります。

DSCF4805.jpg

さて、お電話でのご注文での配達ですが、
ちょっとづつ増えてきています。

内容としては、定番の天然酵母レーズンパンとプレーンパンと自家製ジャムの組み合わせで、
1000円、1500円、2000円となります。

Aセット1000円は、レーズンパン4個+プレーンパン1本
Bセット1500円は、レーズンパン3個+プレーンパン1本+ジャム2袋
Cセット2000円は、レーズンパン6個+プレーンパン2本+ジャム1袋

これに加えて、個別にパンを買ったり、
お弁当やお菓子を注文いただくことができます。
60歳以上の方は、配達料金500円が無料になります。

まだ椿の天然酵母パンを未体験件の遠方の方、
お試しに是非お申し込みをいただけたらと
思います。

| おいしいもの | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食器

DSCF4795.jpg

宴会の記事を書いた続きなんですが、
手作りやおいしいというほかにも
やっぱりデザイン事務所でもある椿館としては
食器にもこだわりたいもの。

もちろん〇万円なんていう食器が使えるわけじゃないですが、
やっぱり、椿館だから、昭和レトロには超こだわり。

DSCF4794.jpg

使い込まれた食器って、剥げていても
とっても魅力的。

柄も手で描かれていたりして
ひとつひとつ違います。

椿館のお客様は昭和生まれの方がほとんどですから
昭和の食器は、チープなものであっても
懐かしさがありますね。

DSCF4793.jpg
DSCF4792.jpg

和食のご宴会などには、こんな器で
出させていただきます。
器を楽しむなんて贅沢ですよね。

DSCF4791.jpg
DSCF4789.jpg

| おいしいもの | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手作りデリシャス

DSCF4740.jpg

おいしいもののためなら
手間暇を惜しまない!って
そんなタイソウな話ではないとしても、
やっぱり手作りは大切なキーワード。

完璧な素材、完璧な技、完璧な味というのは
無理ですが、やっぱりDO MY BESTにしたいもの。
何事もそうですが、「できる限り」ということは
大事にしたいと思います。
そーじゃないとただの理想論になっちゃいますからね。

たとえば、すべての食材が完璧にオーガニックってことは
もちろん無理ですけど、少しでもそういうものがあれば
お安く分けていただいて使用しています。

無農薬野菜を作っている方や、
お庭で無農薬で柑橘類を作っている方など、
椿館を応援いただける方のおかげで
安心な食材をつかわせていただけることがあります。

さて、手作りという中でこだわるのは
やっぱり、ちゃんとダシを取ること。
化学調味料じゃなくて、昆布も刻んで
かつおぶしもちゃんと削ってお料理します。
塩も砂糖もなるべくミネラル分が多いものを使っています。

それともうひとつ大切なこと。
それはお皿の上のデザイン。
やっぱりキレイでおいしそうなこと。
そして、それなりのボリューム。

そんなことで、唐突ですが、
小パーティーやご宴会など承ります。

↓は、先日の25名さま貸切の夜の宴会メニュー
おひとり3500円でした。

宴会メニュー

| おいしいもの | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いちごソース

DSCF4787.jpg

う~ん。。。
これならテクスチャー(デザインの背景)に使えるかも。笑

さてさて、イチゴ。

もう季節は終わりなんですが、
生フルーツと手作りにこだわる椿としては、
市販のイチゴソースやジャムでは
もちろん納得いかないわけで、
この時期のうちに仕込みをしないといけません。

野菜も果物もそうですが、
やっぱり旬に食べるというのが
一番ですけどね。

これまでも無添加イチゴジャムは
作ってパンランチにお付けしていました。
完全につぶしちゃうんでなく
このイチゴのころころっとした形を残したジャムです。

今仕込んでいるイチゴはもちろんジャムでも
使いますが、何と言っても、春のいちごかき氷のソースとして大切。

ichigo.png

写真のイチゴがつぶつぶ感ろころころ感を残して
かき氷にかかってる景色を想像したら
やっぱり今がんばらねばっ。

もちろんヨーグルトソースにも、
デザートソースにも
何でも使えるきれいな赤。

そうそう小さいころに大好物だった
イチゴミルクもいいですね。

イチゴ。いちご。ストロベリー。
いくつになっても大好きです。

| おいしいもの | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手羽先の椿?

teba.jpg

鶏肉料理って言えば、
から揚げ、鶏もも肉ローストとともに
ニッポン国民的人気料理といえば
手羽先

ちょっとしか食べるところがないのに人気!
とっても食べづらいのに人気!
肉がないワリに高いのに人気!
酒飲みにも、そーじゃない人にも人気!



手羽先の○○ちゃんとか、
いろいろお店がありますが、
椿の手羽先の味付けはゼッタイに
ヤツらには負けません。

スパイシーなタレがおいしい。
(このタレだけでご飯食べられます。笑)
めっちゃ手間をかけた揚げ方。
(もちろん1回揚げるだけではありません。)
ちゃんとおいしい高価な油を使用。
(やっぱ後味が大切!)
なんともジューシー!

さて、タレや製法ですけど。。。
言っちゃダメですよ~。。。

やっぱり内緒にしておこう。。。

この手羽先は、椿のランチや宴会にも
お出ししています。
※毎日あるわけではありません。

先日も、20名ほどの夜の貸切り宴会でも
お出ししたのですが、大好評いただきました。
宴会ご予約の方は、手羽指定もOKですよ~。。。

| おいしいもの | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現代農業

DSCF4660.jpg

現代農業の話なのか。。。。
ギターの話なのか。。。笑

わかりづらい写真。

さて、飲食と関わるということは
その食べ物(原材料)がどーやって生まれてくるか
ということにはとっても関心が沸くわけでして、
特に野菜とかお米、まして小麦と関わることで
やっばり農業というものそのものがとっても気になります。

農業は確かに業ではありますが、
実際に作っているという作業は
育てているという言葉になるわけですし
工場生産のような栽培だって、
やっぱり生き物を育んでいることに変わりはありませんね。

生きているものを育てて、
それを食材とすることは
作る側からしたら
手塩を掛けてに育てた子たちが
どんなお料理になるのかってことも
気になるところでしょう。

同じように使う側は、その子が
どんな場所で、
どんな環境で、
どんな世話を受けて、
どうやって育ってきたかは
気になります。

とは言え、見に行くわけにもいかないし、
ほんとならに自分で野菜くらい作りたいのですが、
そうもいかないし。

そーなると、こんな本を読んで
ちょっとでも今時の農業について
知っていたい。。。
パラパラ読みですけど。。。汗
けっこう面白いんです。

ちなみに農業の問題というのは、
生産農家の経済の問題でもありますが、
それは、消費者の安全の問題でもあります。

農業の未来のためにも、
やっぱり消費者がきちんと
向かい合わないといけないと
思いますね。

そんなことで、
ギターの話はまた今度。

| おいしいもの | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ある日のランチ

DSCF4730.jpg

お店の外にランチの写真をはるために
ある日のランチ撮影。

なかなか上手く撮れません。。。
ちゃんと撮影機材を出せばいいんですけどね。。。
実は椿には、ごっつい撮影機材がようさんあります。(西門風)

とりあえず、コンデジでパチッ。

カメラマンの方は、だいたい言います。
「写真は逆光だ。」

そーなんですよねぇ。
逆光で、光をどう被写体に映すか。
これですよねぇ。

カフェの中で写真を撮ると
照明が全部、電球色のLEDなので
みんなオレンジ色っぽくなってしまいます。
やっぱり自然光がきれいですね。

DSCF4732.jpg

べたっ~っていう写真にならないようにするためには
暗いところ、明るいところ、
光っている(反射している)ところ、
のメリハリがないといかんですね。

以前に、そこが知りたい板東リサーチの撮影が
椿であって、カメラマンが食べ物の撮影をしに来ましたが
ほんの少しのカットを撮るために、
ごっつい機材をセットして、時間もかけて
撮ってくれました。

そーなんですよね。。。
そのくらいしないと。。。

DSCF4727.jpg

と思いつつ、やっつけ仕事の写真ですみませんが
ランチはこんな感じです。
本物はもっともっともっと美味しそうですし、
ほんとに美味しいですから是非お試しください♪

DSCF4726.jpg

| おいしいもの | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人参自然アート

自然ってものは、ほんとにすごいですね。
いくら優れた芸術家でも、自然の造形には
絶対にかないませんね。

そこで、今日は人参アート展。笑
楽しいですよね。

これは「E.T」笑

DSCF4671.jpg

こっちのタイトルは「あいこ」

DSCF4670.jpg

これは「セクシーな怪獣のシッポ」

DSCF4669.jpg

これは「ファイト オー!」 

DSCF4672.jpg

これは、椿自家製人参糠漬。
おいしいです。

ningin.jpg

| おいしいもの | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

椿の天然酵母ドーナッツ

dounets.jpg

ドーナッツといえば、ミス○と思いますが、
椿にもドーナツはあります!
椿の天然酵母生地ドーナッツはスゴイです。

たまには手前味噌で自慢します。(しょっちゅう手前味噌だがや。。。)
先日フェイスブックで身に余るお褒めのコメントをいただいたMさま、この場をお借りして心よりお礼申し上げます。

ドーナッツってミ○ドのは、キレイな「わっか」ですけど、
そもそもドーナッツは長い生地をくるん♪とつないで、わっかにするんで
きれいな丸でもないし、つなぎ目ははっきりしています。

この圧倒的な手作り感、ふわふわもちもち感、どっしり感、
そして、何よりめっちゃおいしい!

甘いとか辛いとかの味というよりも、
味の深みや奥深さ、生地のおいしさ、小麦粉のおいしさです。
シンプルなものこそ、真価が問われますね。

パン好きの方、ドーナツマニアの方、(そんな人はいないか。。)
絶対お試しください。

※毎日あるわけではないので、出会い頭となります。

| おいしいもの | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こんにゃくなんにょ

DSCF4552.jpg

こんにゃくなんにょ

婚約男女ではありません。笑

男女問わずこんにゃくは好きという意味です。
(ちょ、ちょっと話の持っていきかたが強引じゃないか。。。汗)

椿の天然酵母パンの定番は、
にっしんセレクトにも選ばれた「ラム酒レーズンパン
たまに訊かれるんですが、
ラム酒と言っても、焼きあがったパンにはアルコールはありません。
くれぐれも。。。

さてさて最近の椿のヒット作といえば、
こんにゃくパンとドーナッツ!
今日はその「こんにゃくパン」のお話です。

お客様

「先日お客様が、パンの中にこんにゃく
入っているんですか?」

店主

「いえいえこんにゃく粉を天然酵母生地に練りこんでいるんです。」

お客様

「そーですよね~。。。パンの中からこんにゃくが出てきたら
ちょっと。。。ですもんねぇ。。。」

店主

「・・・笑」

ということで、パンを割ってもこんにゃくはベロンって出てきません。笑
(~っ~か、出てきたらキモイ。笑)

DSCF4553.jpg

じゃ、どんなパンかといえば、
こんにゃく粉を練りこんだ天然酵母パンです。

一言で言って「モチッモチ」なんです!
シンプルなのにモチモチ。
米粉を入れたパンもモチモチになりますが、
そのモチモチとはまた違ったモチモチ感。
天然酵母パンの味わいも深くなります。

モチモチモチモチとくどい。笑

なかなか味を表現するのは難しいモノ。
是非、こんにゃくパンお試しください。

ちなみに、椿では、こんにゃく粉も販売しています。
これは、こんにゃくを作らなくても、いろいろ使えます。
ご家庭でこんにゃくゼリーを作るなんて楽しいですよ~。

で、なんで「こんにゃくなんにょ」なんだって、
性別を問わずこんにゃくは好きという意味です。
(また、強引すぎるだろ~。。。汗)

| おいしいもの | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パン夜話2014 第5話 ~  ~グルテン誕生否秘話

DSCF4375150.jpg

小麦粉の中には、グルテンが最初からいるわけじゃありません。
小麦粉の中にはたんぱく質がだいたい5~16%くらいあって、
その中の8割方が、グリアジンとグルテニン。

この2つの子たちに、水を加えるとまるでバロム1か、ウルトラマンなんやらのように合体してグルテンくんが登場!します。(また歳バレネタ。。。)

何がすごいかというと、この2人
(擬人化表現をしています。汗)が
それぞれの技があって、これが合体することでパンが成り立っているっていうことです。

まず、グリアジン君は粘り強い私のような性格。笑
一方グルテニン君は、弾力性バツグンだけど、伸びが悪い性格。
この二人が合体すると、ナント粘着&のびのびなスーパーヒーローのグルテンマンになるわけです。

すごいですよねぇ~。
料理は科学ですね。

そして、そのグルテン君は、よ~くこねられると
炭酸ガスの部屋をしっかりと育む家となって、
焼いたときには、部屋を支えるでんぷん構造体
そのものになります。

もうおわかりでしょうが、
パンづくりの大切なひとつの要素がグルテンのチカラと性格にあるということ。
もっと言えば、小麦粉によって、合体するグリアジンとグルテニンの
量やバランスが違うわけです。
ということは、どこのどんな小麦粉を使うかで、パンの出来は大きく変わってくるということですね。

こうして考えると、料理は科学でもありますが、
パンづくりは、劇的というか、ドラマチックなシネマのようですね。

それでは、今夜は、さいならサイナラさいなら。
(若者はこれを知らない。。。汗)

| おいしいもの | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パン夜話2014 第4話 ~驚き!華麗なる復活

8.jpg

続きです。

満腹になったところからです。笑
腹八分目と言いますし、
食べすぎは良くないし、
ウエストもつらいし。。。号泣。

天然酵母パンは、質量が多いので
少しに見えても、けっこうお腹は一杯になります。

そうわかっていても、ついたくさん焼いてしまうのが
人間のサガ。

満腹になると、人間勝手なもので
残ったパンには見向きもせず放置。
数時間後には、放置されたパン
カチカチ。
カチンコチン。

それをポイ!
(身に覚えある人は挙手。。。)

ところがどっこい。
なんでどっこいなんだ。
でも、どっこい。

椿の天然酵母パンは、
そのカチカチ・カチンコチンのまま、
次は、トースターじゃなくって、
電子レンジに10秒入れたら。。。
(入れるだけじゃなくてスタートボタンは押してください。)

あら不思議!
ふわふわに戻ります。
復活します。
驚きです。
びっくりです。
マジックです。

電子レンジ室内を覗いていて
湯気がちょっと出たくらいがベスト。

是非是非お試しください。
(そもそも食べられる量を焼きましょうね。笑)

| おいしいもの | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パン夜話2014 第3話 ~食べ方初級編



いつの間にかシリーズ化した・・笑
天然酵母パンのおいしい食べ方の続きです。

まずはいつものように、
焼いて3日くらいの熟成した
椿の天然酵母パンをカットして、
定番のオーブントースター
(どこの家にでもあるヤツ)で3分。

3分間まつのじゃぞ。っていうヤツ。
なんだったけな。笑

。。。。

そして、ここからが大切。

そのままトビラを開けずに
余熱で芯まで温めて2分。

2分間まつのじゃぞ。
だいごろう???
ひとひとぴっちゃんですな。。。(歳バレねた禁。)
ちゃん。ですな。。(もういい。)

みなさん、ここまではマスターしてくださいね。

これで外側はコンガリ(焼きすぎない。)
中までじんわり温まってもっちりふわふわ。
本当の味を引き出せました。

DSCF4489.jpg

そのままでも、マーガリンやバター
椿の自家製マーマレード(さりげない宣伝。。)
をつける。最高です。

そして、満腹。笑

椿のパンは、市販のパンと同じサイズでも
たぶん質量では、何倍もです。
イーストのパンに比べたら
膨らむ比率が低いからです。

食べすぎ、焼きすぎに注意。。。

次回、いよいよ驚愕の実験結果が。。。

| おいしいもの | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パン夜話2014 第2話 ~マジック




椿の天然酵母パンは、
原則、焼いて食べるパンです。
厳密に言えば、温めて食べるのが
絶対条件です。

まれに、固くてダメにした。とか
ワシ(年齢は推測ください。)には
固すぎて食べられん。。。とか。笑

そー言われる方がいます。
これは完全に食べ方の間違いで、
スーパーのハンバーグを買って来て
温めずにそのまま食卓に
「さ~お食べ」と出すよ~なもんです。

ですから基本的には
焼き立て以外は、
必ず温めて食べてください。

じゃどーしてか。って言うと
冷えて固くなったでんぷんが
まだ水分をしっかりと保持していて
そこに熱が加わることで
魔法のようにふんわりと焼き立てに近い状態に
戻るからなんです。

グルテンは、小麦粉に含まれるたんぱく質が
水と結合して生まれます。

ここからが、椿の天然酵母パン
マジックの始まり始まり。♪

つづく。。。

朝ドラも、いいところで
次回につづく。笑

| おいしいもの | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。